2008年12月29日

気仙沼ふかひれスープと白石温麺のコラボ☆


昨日一泊して気仙沼から帰ってきました!

気楽会観光案内課ファイナルの様子は↓をご覧下さい☆
http://kirakukai.blog.shinobi.jp/Entry/1195/

僕は、最初と最後しか出れませんでしたが
みんな毎週よくがんばりましたね~。

言葉で何やかんや言うのは簡単だけど
実際に「やる」というのは何より大事なことですよね。
改めて、本当におつかれさまでした!!


さて、ここ1、2週間くらいの忘年会などなどの
予定ラッシュがやっと一息つきまして、
今夜は自宅でゆっくりとしています。
(果たして、何日連続でお酒を飲んだことか、、、、 ^^;)


そんな日の夕食は、疲れた胃に優しいこちらっ↓



気仙沼のふかひれスープと、白石温麺ですっ。

◎気仙沼ほていの「ふかひれスープ(濃縮タイプ)」
 http://www.kesennumahotei.co.jp/

◎きちみ製麺の「手延べ温麺」
 http://www.tsurigane.com/SHOP/jikasei.html

この組み合わせは、絶対美味しいだろうと、
一度やってみようと思ってたんですよね☆


ふかひれスープは、水を加えて温めて卵を溶きいれるだけ。
これ以上ないくらい、実に簡単にできます。

また、白石温麺も、3分間茹でて水で洗うだけなので
これまた一瞬で準備ができちゃいます(^^)v

あとはこの二つを合わせて、少し煮込むだけ。


ここで大事なポイントなのですが
本日使用した温麺が「手延べ」であるということ!

白石温麺はそもそも
油を使わずに延ばして作っているのですが
現在は機械製法によるものがほとんど。

が、「手延べ温麺」は、昔ながらの機械を使わずに
まさに手で延べて作っている麺なのですっ。



そのため、長さや太さが微妙に違うのですよね。
これこそが、逆に手作りならではの証拠!

手延べ温麺は、通常の温麺よりもコシがあるので
煮込んでつくっても美味しさが失われませんっ。

もちろん機械製法の物よりはずっと高いですけど
それだけの違い、買うだけの価値はあります。


ということで、出来上がりは、↓なカンジ。



冷蔵庫に残っていた白菜や春菊も入れたので
ちょっと量が多かったですかね(^^;

でも、疲れた胃には最高の一品でしたよ!


これは、オススメ!ぜひお試しあれです☆

ちなみに、ふかひれスープはまだ半分残っているので
明日の朝に、雑炊にして食べまーす!(^^)v


  


Posted by やまだ@宮城 at 22:11Comments(0)加工食品
アクセスカウンタ
プロフィール
やまだ@宮城
やまだ@宮城
宮城をこよなく愛する35歳です。

◆生まれてからずっと仙台で20数年間育った後、
2年間の気仙沼暮らし、1年間の東京・松戸暮らしを経て、
2008年4月より3年振りに仙台に戻ってきました!

◆08年から3年間、宮城の「食」に関わる仕事を経験し、
13年11月からは、女川町(派遣)で働くことになりました。

◆宮城の人(特に自分 ^^)が、宮城をもっともっと楽しめるように
宮城の魅力を自由に楽しく!発信・発見していけたらよいなと
思っておりますっ。

◆初めての方も、今までご縁の会った方も
どうぞ引き続きよろしくお願いします!!
QRコード
QRCODE
インフォメーション
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 9人
オーナーへメッセージ