2009年06月18日

「ねぶたの里」でねぶた体験


青森一泊旅行レポの第3弾ですっ。

酸ヶ湯温泉を出た後は、青森市中心部に向かいます。
その途中にあるのが、↓こちらの施設。



「青森自然公園ねぶたの里」です。

◎ねぶたの里公式HP
 http://www.nebutanosato.co.jp/


やはり、青森といえば、「ねぶた」を見たいですよね。
ねぶた祭りの時期ではなくても、こちらの施設に行けば
本物のねぶたが見れちゃうのです。

敷地の奥にある「ねぶた会館」という建物の中に入ると、、、



ドドーン!!ときましたっ。大迫力のねぶたです!!

実は初めて実物を見たのですが、
いやぁ、思った以上にすごいですね、これは。

思わず圧倒されて見入ってしまいます。

建物内には、過去に実際に出品されたねぶたが
何体もズラーっと並んでいます。


そして、ここのウリは、やはりなんといっても
ねぶたを体験できること!



決まった時間になると、係の方が登場して
ねぶたのことを説明してくれます。

本番で使われるお囃子を数種類披露してくれます。
この音色がまたステキなのです☆


あとは、実際に、お客さん同士でねぶたを引いてみたり
「ラッセラー」と跳ねてみたり、とねぶたの一通りを
ちらっとですが、体験することができます。



そして、体験が終了すると、↑の認定証がもらえます(^^


また、建物の奥では、実際にねぶたを作っている人がいて、



キャラクターねぶたを作ったりしてました。


いやぁ、ねぶたの里はかなり楽しめましたよ。
ぜひオススメしたいスポットですね。

しかも、この施設はねぶただけでなく、敷地内に広場があり、



バトミントンや、フラフープ、フリスビーなど
自由に使える遊び道具がたくさん揃ってるんですね。


そのほかも、ストラックアウトや、竹馬、わなげなどなど。



これらで遊ぶだけでも半日くらい使えそうですね。


青森市に行った際は、ぜひ行ってみてください!
  


Posted by やまだ@宮城 at 06:26Comments(0)
アクセスカウンタ
プロフィール
やまだ@宮城
やまだ@宮城
宮城をこよなく愛する35歳です。

◆生まれてからずっと仙台で20数年間育った後、
2年間の気仙沼暮らし、1年間の東京・松戸暮らしを経て、
2008年4月より3年振りに仙台に戻ってきました!

◆08年から3年間、宮城の「食」に関わる仕事を経験し、
13年11月からは、女川町(派遣)で働くことになりました。

◆宮城の人(特に自分 ^^)が、宮城をもっともっと楽しめるように
宮城の魅力を自由に楽しく!発信・発見していけたらよいなと
思っておりますっ。

◆初めての方も、今までご縁の会った方も
どうぞ引き続きよろしくお願いします!!
QRコード
QRCODE
インフォメーション
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 9人
オーナーへメッセージ