2010年03月08日

油麩クッキング&日本酒を楽しむ会


昨日油麩クッキングのイベントに参加してきたので
その様子をレポしたいと思いますっ。
(土曜の蔵王ツアーはもうちょっと待ってください ^^;)


そのイベントは、日曜午前11時半スタートで、
三越エルパーク内の食のアトリエで行われました。



この企画は、河北新報が運営する地域SNS「ふらっと」の
宮城の酒応援隊」というコミュニティのコアメンバーでもある、
横丁ライター・よこっちょさん、ぐっちさん主催によるものです。

宮城の食材に、宮城の酒を合わせて楽しむイベントをやりたい!
でも、せっかくだから、ただ食べるだけじゃなくて、自分たちで
実際に作ってみた方がより楽しいんじゃないか、ということから
生まれた企画なんだそうです。

非常にシンプルだけど、共感できるコンセプトですよね。


しかも、今回講師役として登場するのが、、、



先日の旬のワカメの会を一緒にやっていただいた
北仙台の「しん」さんですから、行かないわけには行きません!


会場に入ると、受付には、



おっかぁがスタンバイしてました(^^
やはり、宮城の酒応援隊の参加者が多かったようですね。


まずは、代表のよこっちょさんからご挨拶。





そして、講師役であるしんさんからも。
何気に料理教室の講師は初めてだったそうです。


さぁ、さっそく料理にとりかかりますよー!



こちらが今回のメイン食材である登米の油麩です。

油麩の元祖といわれている熊本油麩店さんの油麩を
できるだけ揚げたてに近い状態で用意してくれてました。

一つ一つ手作りで作っているだけあり、
形が微妙に違っているところがまた良いですね。


そして、今回作った料理は、
「油麩と長いものクリ~ミ~グラタン」と
「春告げ菜(つぼみ菜)と油麩の煮浸し」の2品になります。


まずは、具材を切ったり、下ごしらえ。







大体、1テーブル4人で作業を行いました。
なので、僕は基本、洗い物担当ということで、、、(^^;


大事なところは、前に集まってしんさんによる説明。





しんさんの料理は普段食べていますが、
こうやって作り方を説明してもらうことはないので、新鮮ですね。


まずは、グラタンの肝となるホワイトソースづくり。



面倒&難しそうに思える作業ですが、
しんさんが教えてくれた方法だと簡単&早くできてしまいました!


隣のグループでは、



おっかぁがさすがの手つきで料理されてました。


油麩は、しんさんレシピによる、
「そばの出汁」で下味をつけておきます。
(これをグラタン&煮浸しの両方に使用します)



ん~、、、これだけで十分に美味しそうです。。。(><)


できたホワイトソースと、ダシを吸った油麩を
グラタン皿に入れていきます。





非常に手際よくできていきますね。すごい、すごい。
(僕はほぼ見てただけですが、、、 ^^;)


お!会場の一角では、



よこっちょさんが、料理に合わせる日本酒を準備中です☆
基本は4種類だったようですが、この日は差し入れなどもあり、
さらに倍くらいの種類になってましたよ(^^


さて、そんなこんなで、オーブンで焼くこと十数分。



グラタンが焼きあがりましたー!!


そして、グラタンの焼き上がりに合わせて、煮浸しを準備。



こちらはあっという間にできてしまうので、タイミングを合わせて。


みんなが作業している間、しんさんはプラスで他の料理を準備中。





同じ油麩&そば出汁を使って、炒めたメカブと合えた一品。
これがまた激ウマでした!!!


さらに、ちょうど前日一緒に行った蔵王でもらってきた
平間さんのローズマリーをオリーブオイルで炒め、、、、







ちょっとしたサラダ&オードブルも準備。さすが、しんさんですねー。


大体みなさんが出来上がったところで食べ始めます。

グラタンも、煮浸しも、美味しくできましたよ~☆





煮浸しは、白石温麺をつけ汁風にして食べることもできます。
(この日もプラスのオプションとして茹でて食べました)


食べ・飲みタイムでは、よこっちょさん・ぐっちさんが



日本酒を持ちながら各テーブルを回られてました。
主催者は大変だったと思いますがよく動かれてましたね。


講師のしんさんは、



酒もいいカンジにまわってホロ酔い気味?(^^;


また、こちらは登米市からわざわざ参加していただいた鈴木さん。



油麩や、ご当地グルメで有名な油麩丼の会のことなど、
色々とご説明いただきました。


ということで、14時過ぎまでしっかりと料理&日本酒を堪能し終了。

この日教えてもらった料理は色々とアレンジ可能なものだったので
実際に家庭で油麩料理にチャレンジしてみたくなりました。



自分たちで作って食べる、というのはやっぱり楽しいですね。
初めてだったので段取り大変そうでしたが、
参加者としては、すごく良かったと思います。

ぜひ今後も継続するイベントとしてやっていってほしいです☆

  


Posted by やまだ@宮城 at 06:37Comments(6)
アクセスカウンタ
プロフィール
やまだ@宮城
やまだ@宮城
宮城をこよなく愛する35歳です。

◆生まれてからずっと仙台で20数年間育った後、
2年間の気仙沼暮らし、1年間の東京・松戸暮らしを経て、
2008年4月より3年振りに仙台に戻ってきました!

◆08年から3年間、宮城の「食」に関わる仕事を経験し、
13年11月からは、女川町(派遣)で働くことになりました。

◆宮城の人(特に自分 ^^)が、宮城をもっともっと楽しめるように
宮城の魅力を自由に楽しく!発信・発見していけたらよいなと
思っておりますっ。

◆初めての方も、今までご縁の会った方も
どうぞ引き続きよろしくお願いします!!
QRコード
QRCODE
インフォメーション
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 25人
オーナーへメッセージ