2010年03月11日

食材王国みやぎをアピール!「串焼・山海料理 もろみ」


昨日行った新しいお店を紹介しますっ!!
(蔵王レポの続きはまた明日にでも、、、 ^^;)


タワービルの裏にあるお店「串焼・山海料理 もろみ」さん。



地下一階にあるお店ですね。
宮城県の地産地消推進店にも登録されています。

◎串焼・山海料理 もろみ
 http://www.foodkingdom-miyagi.jp/suisinten/shop/sendai-aoba/0053.html


1Fの入り口部分では↓のように、「地産地消費推進店」と
分かりやすく表示されています。



しかも、アオキさんが最近開発した米粉で作った麺、
「伊達の米麺」を早くもメニュー化されています!


地下1Fに降りていくと、入り口は↓なカンジです。



お店の中は、カウンター席6席くらいと、
小上がりの8人くらいが座れるテーブル席があります。


お!

カウンターには、「食材王国みやぎ」のPOPが!



ここまでアピールしてくれるところは中々ないので
なんか嬉しいですね☆


まずは、ビールで乾杯!



お通しで小鉢2品。いいカンジですね(^^


メニューは美味しそうなのがいっぱいあって
目移りしちゃいますが、とりあえず「おまかせ」で☆

※他メニューの一部は↓のページで確認できます。
 http://gourmet.suntory.co.jp/shop/0X00147509/index.html



お刺身に、




串焼き盛り合わせに、




笹かま・野菜揚の炙り焼、の3品で2000円。

いずれもお酒に合いそうな料理で美味しい〜!!


あと、お店のオススメは、豚の味噌漬け焼ですね。



栗原・カテキン豚と、宮城野ポーク・みのりと、
宮城の豚を2種類使っています。

ロースとバラで部位も違っているので
食感・味わいの違いが楽しめますよ☆


店内の雰囲気は↓なカンジ。



カウンターの雰囲気とか、個人的にかなり好きですね。
(日本酒も入って、かなり盛り上がっている頃です ^^)


そして、最後はもちろん、伊達の米麺で〆。





僕もお店では初めてでしたが、もっちりした麺で
いいおダシが効いていて美味しかったです。

これは一度試してほしい一品ですね!


そして、こちらが、店主の高橋さん。



まだ30代とお若いですが、食材の探求に熱心なご様子。

お酒も宮城の地酒を色々と取り揃えてました。
お店で出すお酒は自分の目で酒蔵を見てから
扱うようにしているんだそうです。

お店はまだ昨年の11月にオープンしたばかりとのこと。
宮城をアピールするお店としてがんばってほしいです。

お店の雰囲気、料理、お酒、店主の人柄と、揃っていますよ。
ぜひ一度行ってみてください。


  


Posted by やまだ@宮城 at 06:31Comments(0)仙台市(中心部)

2010年03月10日

蔵王下見ツアーその1(蔵王ハーブ農場)


先週土曜日の蔵王下見ツアーの様子をレポします!
(例によって長くなりすぎるので2回に分けます)

昨年末にファイブブリッジのお仲間を中心に
塩竈や鳴子・岩出山で行った、地域の“ひと”を巡るツアーを
ぜひ蔵王でもやりたいね、という話が前々からあったので
まずは一度現地を回ってみてみよう、というのが今回の趣旨です。

食・人交流サロンに来ていただいている平間さんの話を聞くと、
蔵王は、若い事業者さんたちが横でつながって「蔵王森の回廊」
というイベントをやったりと、おもしろい人・動きがたくさんある印象
を持っていたので、特に見てみたい地域だったんですよね。


ということで、平間さんにアテンドしていただきながら、
畠山さんと、気仙沼・アンカーコーヒーのやっちさん、
北仙台「しん」のしんさんとともに日帰りで行ってきました。

まずは、平間さんのハーブ農場から。

平間さんは、「グリーンアトリエひらきゅう」という、
蔵王でハーブ苗を育てている農場の息子さんなのです。

◎グリーンアトリエひらきゅう
 http://www.hirakyu.co.jp/index.html



午前中に平間さんのところに集合し、
まずは事務所にお邪魔してしばし談笑。


平間さんの作ったハーブティーを飲みながら☆



以前、ブログにも書きましたが、平間さんのハーブティーは
すごいフレッシュで香り豊かで美味しいんです。
(特にレモンバーベナが絶品!)


↓は、「蔵王森の回廊」のマップです。



蔵王もけっこう色んな地域に分かれているんですよね。
すでに回るべきスポット・人がマップ化されているのがいいですね。


ちなみに、↑は、平間さんがイラストレーターを使い
一つ一つの絵から全部自作で作られているんです。



↑のマップのハーブの絵も自作ですよ!すごいですよね!?


さて、そんなこんなで、
話し始めたら止まらず、ちょっと時間が経ちすぎてしまったので
急いで、ハーブの生産現場を見せてもらいました。



こちらがハーブ苗を作っているビニールハウスです。
中に入ると、ほんのりハーブの香りがしますね。


こちらでは、↓のようにポットに入った細かい苗を育てています。





いやぁ、ものすごいたくさんの種類があってびっくりしますよ。


ハーブ苗を育てているハウスを見るのは初めてだったので
何から何まで新鮮です。





食のプロである、やっちさん、しんさんも、
みなさん、興味しんしんで見ていましたね(^^


アップにしてみますが、ほんとに赤ちゃんみたいです。



それでも、ちょっとかじってみると、
しっかりとハーブの味と香りがするんですよねー。


こちら↓が農場長である平間さんです。

平間さんは、本業のハーブだけでなく、
蔵王の横のつながりでイベントを行ったりと
農業、観光、その他さまざまなジャンルで
好奇心旺盛に幅広く活動している魅力的な方です☆

※平間さんのブログに活動の様子は↓をどうぞ。
 http://hirakyu.exblog.jp/





やっぱり直接携わる人に話を聞きながら
生産現場を見れるのは、一番おもしろいですね。


その後一旦外にでて、他のハウスへ。

かなりビニールハウスが並んでいて、
思っていた以上に規模を大きかったです。



それもそのはず、

なんと、聞いてびっくりだったのですが平間さんのところは
日本で3本の指に入るくらいのハーブの生産をしているそうです!

お父さんの代からハーブを始められたそうですが、すごいなぁ。
蔵王ハーブ、というと、それだけで何かイメージがよいので
もっともっとブランドとしてPRできそうな気がしますね。


↓が先ほどの小さい苗を育てたもの。





こういう形になって、ホームセンターや園芸店なんかの
店頭に並んでいるんですね。


また、ハーブティーを作っている機械も見せてもらいました。

普通はハーブを乾燥させると風味が消えてしまうそうですが
平間さんのハーブティーはフレッシュなままなのです。







どうやら乾燥させる温度帯が大事なんだそうです。



さらに車で場所を移動し、道路沿いにある直売所へ。



基本は、ホームセンターなどへの卸が中心ですが
ここに来ると直接、種類を選んで購入できるんですね。


入り口にあるPOPに注目!!



どこかにいるので探してください、というのがウケます(^^
なんとも、ユルいカンジがいいですね。


ここには、ハーブだけでなく、花苗も売っています。



ずらーっと並んでいるので、キレイでいいですよね☆


ハーブはこちら。
(ハーブティーも売っていますが時々欠品もあるそうです ^^;)







ちょっと種類がありすぎて、素人には選びきれませんが
好きな人は喜んで選んで買っていくそうです。
ホームセンターなどにはない品種も多数あるのだとか。


さらに移動し、ハーブティー用のハーブを作るハウスも見学。



が、シーズンではなかったので、↑な状態(^^;

時期が来たら、一度全部ほっくり返して種を蒔くんだそうです。
その時期にもぜひ見てみたいですね。


こちらは、生えっぱなしのハーブ。ローズマリーなど。





しんさんは早速少しいただいて帰りました(^^
すでにしんさんのお店では料理にも使ったりしているようなので
ぜひ行ってみてくださいね☆


こんなカンジで、しっかりと見せてもらいました。
いやぁ、まさかこんなに大きくやっているとは、、、。

今までハーブには馴染みがなかったですが
家とかで育てて気軽に料理に使えたら楽しそうですね。

全国に誇れる、蔵王のハーブ。
ぜひ宮城の人にももっと知ってもらいたいですね!
興味持った人は一度現地に足を運んでみてください。


ということで、この後も続くのですが、
一旦ここで切って、また次にアップしたいと思います。

お楽しみに☆


  


Posted by やまだ@宮城 at 06:52Comments(2)

2010年03月09日

「せんだい3年Bee組」発足!?


昨日は、ファイブブリッジのビジネスマンデー、
第2月曜の次世代マーケティング実践戦略会議でしたが
通常バージョンとちょっと違って、初の出張講座でした。


というのも、昨日は3月8日。

3で8といえば、、、そう、ミツバチの日ですよね!?


先月行った「銀座ファームエイド&みつばちサロン」の流れで
太白区根岸の若手養蜂家・大竹さんのお宅に上がりこみ(^^;
みつばちの生態を学ぼう!ということで開催されたんです。

◎先月のみつばちサロンの様子
 http://yamada.da-te.jp/e294959.html


まずは、はたけやまさんから本日の趣旨説明。



昨夜の会は、ビジネスマンデーではありますが
仙台みつばちプロジェクトの発足式(?)も兼ねて、
という位置づけでの開催でした。

最近、仙台でもミツバチ系の話が増えてきていて
商店街を拠点にした活性化プロジェクトの動きもあるようですが
僕らはまずはミツバチの気持ちを知ることから。

大竹さんのサポートを得て、蜜箱をみんなでシェアさせてもらい、
一年間ニホンミツバチの生態を観察・学習・体験することで
自然と共生する新しいコミュニティづくりを目指そう、というもの。

※ちなみに、前回のみつばちサロン後の飲み会で、
 このプロジェクトの名前は「せんだい3年Bee組」となりました(^^


さて、では、いよいよ大竹さんによるミツバチ講座のスタート。



50枚近くにも及ぶスライドを使ってのご説明でした。
(画像の角度が悪くてスイマセン。。。 ^^;)

大竹さん、まだ20代にも関わらず、
ミツバチに対する愛情・観察眼・知識・経験と素晴らしく
初めて聞く話ばかりで大変興味深いものでした。


いや、そもそも、僕なんかは
ニホンミツバチと西洋ミツバチの違い、ということ自体
ほとんど認識すらしてなかったので非常に勉強になりましたね。

ざっくり言うと、ニホンミツバチは野生に生息するもので
西洋ミツバチは蜜の採取に優れた家畜型なんだそうです。
(市場の99%は西洋ミツバチのハチミツとのこと!)

大竹さんはニホンミツバチを飼われており、
だから、ご自身のことを「養蜂家でなく、ハチ飼いです」と
おっしゃっていました。なるほど、よく分かりましたね〜。


ということで、ミツバチの生態についてお話いただきつつ、
色々と現物も見せてもらいました。

ゴソゴソっと別の部屋から取り出してきたのは、、、





ミツバチの天敵、スズメバチの巣です!!デカっ。
これでも小さいものなんだそうですよ。びっくりですね!


さらに、あやしい色の焼酎瓶を取り出してきました。




箸で中から取り出してきたのは、、、





なんと、スズメバチ!

ミツバチを近づいてくるスズメバチを大竹さんがつかまえ、
それを焼酎に漬け込んでいるんだそうです!!
(しかも、これは3年物のヴィンテージ ^^)

昔の山の人は、これを気付け薬や虫刺されの消毒薬などに
使ったんだそうです。


また、↓な巣蜜も見せてもらいました。



ん〜、、、これは美味しそう♪


というカンジで、2時間以上みっちりとお話お聞きできました。
予想以上に自分たちの生活にミツバチが関係していることが分かり
ますます興味が沸いてきましたね〜。

そして、大竹さんのミツバチへの熱意・愛情もものすご〜く
感じることができてよかったです(^^

いざこれから実際に観察・飼育してみるのがとても楽しみですね☆


ちなみに、昨日集まったメンバーはなんと14名!



ステキな女性陣もたくさん集まっていただきましたよ〜。
みなさん、ミツバチへの興味が尽きない様子でした。

3年Bee組の今後の活動が楽しみですね!!


  


Posted by やまだ@宮城 at 06:46Comments(4)

2010年03月08日

油麩クッキング&日本酒を楽しむ会


昨日油麩クッキングのイベントに参加してきたので
その様子をレポしたいと思いますっ。
(土曜の蔵王ツアーはもうちょっと待ってください ^^;)


そのイベントは、日曜午前11時半スタートで、
三越エルパーク内の食のアトリエで行われました。



この企画は、河北新報が運営する地域SNS「ふらっと」の
宮城の酒応援隊」というコミュニティのコアメンバーでもある、
横丁ライター・よこっちょさん、ぐっちさん主催によるものです。

宮城の食材に、宮城の酒を合わせて楽しむイベントをやりたい!
でも、せっかくだから、ただ食べるだけじゃなくて、自分たちで
実際に作ってみた方がより楽しいんじゃないか、ということから
生まれた企画なんだそうです。

非常にシンプルだけど、共感できるコンセプトですよね。


しかも、今回講師役として登場するのが、、、



先日の旬のワカメの会を一緒にやっていただいた
北仙台の「しん」さんですから、行かないわけには行きません!


会場に入ると、受付には、



おっかぁがスタンバイしてました(^^
やはり、宮城の酒応援隊の参加者が多かったようですね。


まずは、代表のよこっちょさんからご挨拶。





そして、講師役であるしんさんからも。
何気に料理教室の講師は初めてだったそうです。


さぁ、さっそく料理にとりかかりますよー!



こちらが今回のメイン食材である登米の油麩です。

油麩の元祖といわれている熊本油麩店さんの油麩を
できるだけ揚げたてに近い状態で用意してくれてました。

一つ一つ手作りで作っているだけあり、
形が微妙に違っているところがまた良いですね。


そして、今回作った料理は、
「油麩と長いものクリ~ミ~グラタン」と
「春告げ菜(つぼみ菜)と油麩の煮浸し」の2品になります。


まずは、具材を切ったり、下ごしらえ。







大体、1テーブル4人で作業を行いました。
なので、僕は基本、洗い物担当ということで、、、(^^;


大事なところは、前に集まってしんさんによる説明。





しんさんの料理は普段食べていますが、
こうやって作り方を説明してもらうことはないので、新鮮ですね。


まずは、グラタンの肝となるホワイトソースづくり。



面倒&難しそうに思える作業ですが、
しんさんが教えてくれた方法だと簡単&早くできてしまいました!


隣のグループでは、



おっかぁがさすがの手つきで料理されてました。


油麩は、しんさんレシピによる、
「そばの出汁」で下味をつけておきます。
(これをグラタン&煮浸しの両方に使用します)



ん~、、、これだけで十分に美味しそうです。。。(><)


できたホワイトソースと、ダシを吸った油麩を
グラタン皿に入れていきます。





非常に手際よくできていきますね。すごい、すごい。
(僕はほぼ見てただけですが、、、 ^^;)


お!会場の一角では、



よこっちょさんが、料理に合わせる日本酒を準備中です☆
基本は4種類だったようですが、この日は差し入れなどもあり、
さらに倍くらいの種類になってましたよ(^^


さて、そんなこんなで、オーブンで焼くこと十数分。



グラタンが焼きあがりましたー!!


そして、グラタンの焼き上がりに合わせて、煮浸しを準備。



こちらはあっという間にできてしまうので、タイミングを合わせて。


みんなが作業している間、しんさんはプラスで他の料理を準備中。





同じ油麩&そば出汁を使って、炒めたメカブと合えた一品。
これがまた激ウマでした!!!


さらに、ちょうど前日一緒に行った蔵王でもらってきた
平間さんのローズマリーをオリーブオイルで炒め、、、、







ちょっとしたサラダ&オードブルも準備。さすが、しんさんですねー。


大体みなさんが出来上がったところで食べ始めます。

グラタンも、煮浸しも、美味しくできましたよ~☆





煮浸しは、白石温麺をつけ汁風にして食べることもできます。
(この日もプラスのオプションとして茹でて食べました)


食べ・飲みタイムでは、よこっちょさん・ぐっちさんが



日本酒を持ちながら各テーブルを回られてました。
主催者は大変だったと思いますがよく動かれてましたね。


講師のしんさんは、



酒もいいカンジにまわってホロ酔い気味?(^^;


また、こちらは登米市からわざわざ参加していただいた鈴木さん。



油麩や、ご当地グルメで有名な油麩丼の会のことなど、
色々とご説明いただきました。


ということで、14時過ぎまでしっかりと料理&日本酒を堪能し終了。

この日教えてもらった料理は色々とアレンジ可能なものだったので
実際に家庭で油麩料理にチャレンジしてみたくなりました。



自分たちで作って食べる、というのはやっぱり楽しいですね。
初めてだったので段取り大変そうでしたが、
参加者としては、すごく良かったと思います。

ぜひ今後も継続するイベントとしてやっていってほしいです☆

  


Posted by やまだ@宮城 at 06:37Comments(6)

2010年03月07日

しんさんの油麩クッキング


今日は、関口さん、よこっちょさん主催の
しんさんによる油麩料理教室でした!!

詳しくはまたレポしますが、楽しかったぁ!

ただ、日本酒とセットだったので
昼間からかなりほろ酔い気味です(^^;



  

Posted by やまだ@宮城 at 15:03Comments(0)リアルタイム更新

2010年03月06日

蔵王下見ツアー中!


平間さんにアテンドしてもらいながら
畠山さん、やっちさん、しんさんと
蔵王の下見ツアーに来ていますっ。

午前中は平間さんのハーブ園を見て、
いまはベルツさんでランチ中です☆



  

Posted by やまだ@宮城 at 13:38Comments(0)リアルタイム更新

2010年03月05日

食卓のココロ「○はた」第4回~ココペリ・及川さん編~


昨日は、畠山さんによる「○はた(まるはた)」の日。



早いもので、もう4回目なんですねー。


◎過去3回の様子は↓をどうぞ
 http://yamada.da-te.jp/e284060.html (第1回)
 http://yamada.da-te.jp/e290029.html (第2回)
 http://yamada.da-te.jp/e295318.html (第3回)

僕は東京出張だったので、前回のマドンド(マダンナ)だった
渋谷・公界の木村さんとこに立ち寄ってから仙台へ戻り
22時過ぎくらいに、○はたに到着しました。

あいにくの雨だったので、お客さんはあまりいないかなぁと
思っていたのですが、なんの、10人以上はいましたね。


さて、まず、昨夜のお料理はこちらです!



おー、なんかすごい品数が揃っていて、
しかも、かなり美味しそうです☆


今回は第1回目に続き、畠山さんのお母さんによるお料理。

あの趣ある手書きレシピも再び登場です。





ひとつひとつのお料理に添えるコメントがまた味があるんですよね。
「店主・正ちゃん」とあり、けっこうノリノリなことが伺えます(^^;


これなんかすごいですよ、桜寿司。
なんと息子・ハタボーも「初めて食べた」という一品です(^^



ぜひ一度、お母さんにも直接ご登場いただきたいですね。


今回のお酒は、森民酒造さんの日本酒を用意してましたが、
それだけでなく、なんと!!



森民・森社長が、まさにその日にしぼったばかりの新酒を
差し入れに持ってきてくださいましたー!ヤター!!
(非常にフレッシュで美味しいお酒でした☆)


さて、では、そろそろ今回のマンドナのご紹介!

今回はマドンナは、、、

可愛い黒バスでベルギーワッフルの移動販売をしている
「カフェ・ココペリ」の及川さんです!



小柄で可愛らしいけど、ガッツのあるステキな女性です。

※ココペリさんは普段は、↓なカンジでやっています。
 http://yamada.da-te.jp/e296244.html


今回はベルギーワッフルの焼き器を持ち込んで
その場で焼きたてを作ってくださいました☆



バターの溶ける香りがたまりませんね~(><)。


森社長が食べてるのは、生クリーム&メープルシロップ。



美味しそうにほおばってますね(^^
(森社長はもう一枚おかわりし、さらに一枚お土産にしてました)


僕は、何もかけず、あえてプレーンのを食べました。



表面がカリっと、でも、中はフワっと。ん~、旨いっ!!

ほんのり感じられる甘さがちょうど良いです。
お酒飲みながらでも十分に合うことが分かりました。


ちなみに、ワッフルの生地は、1時間で25個分しか作れないそうです。
すごい手間がかかってるんですね~。
それだけ手抜きなしに作っているんだから美味しいはずですね。

そんなココペリさんのベルギーワッフルは、
土日祝は、松島オルゲールミュージアム、
月と金は、青葉区本町の古着屋・リアルモンキーさんで食べれます。

お近くを通る際は、ぜひ一度お試しくださいね!

※出店予定は↓でチェックしてみてください。
 http://plaza.rakuten.co.jp/kurobus


さて、○はたの方に話戻ります。

昨日は、シェアカフェさんで開店サポートをしている
カレー屋さん開業準備中の中村さんがいらっしゃってました。





以前もシェアカフェで、中村さんの作る欧風カレーを食べましたが
すごく美味しいカレーだったので、早く食べに行きたいです。

お店の場所は、大町か、メディアテークの近くのどちらかに
なる予定だそうです。こちらもオープンが楽しみですね。


時間も遅くなってきた頃、カウンターの奥に珍しい人が、、、



なんと、中山さんです!!
残ったチャーハンをおにぎりにしてくれてました。


しかも、なんと、顔まで作ってましたよ(^^





中山さんのマドンナも、そのうち見れるかもしれませんね☆


そんなこんなで、昨日も閉店の12時近くまで盛り上がってました。



あ、僕は珍しく地下鉄帰りだったので12時前に帰りましたけどね。


マスターの畠山さん、昨日もおつかれさまでした!!
(おそらく前日のお酒が残ってたのではないかと ^^;)



次回は、第3木曜の3月18日(木)です。
今度のマドンナは誰になるのでしょうね~。今から楽しみですね!


  


Posted by やまだ@宮城 at 08:32Comments(0)

2010年03月04日

今日は幕張出張!

今日はフーデックスを見に行くため
ただいま幕張メッセへ向かっています!

夕方帰る前に時間があれば
東京時代の職場に顔を出して、
公界にもちらっと寄りたいなー。

そして最後は、仙台に戻り○はた(^^;


そんな予定で動きます。
移動の多い1日になりそうですね☆
  

Posted by やまだ@宮城 at 08:25Comments(2)リアルタイム更新

2010年03月03日

気楽会立ち上げメンバーで東京へ!


先週土曜日は、気楽会の立ち上げメンバーで
今は東京で働く関根のこうちゃんの結婚式があり、
気仙沼からは、ひろちゃん・かずちゃんと
仙台からは僕の3人で出席してきました!!

で、ひろちゃん、かずちゃんとは仙台の新幹線から
一緒で東京に向かうはずが、思わぬハプニングがあり、
また途中途中も珍道中の連発。。。

いやぁ、大変でしたが、かなり大爆笑でした(^^

詳しくは、ひろちゃんのブログを見てもらえれば
コトの詳細は分かるのですが、撮ってた画像が
おもしろかったのでここでご紹介しておきます☆

※まずは↓のブログをご覧ください。
 http://subahibi.blog87.fc2.com/blog-entry-109.html


まずは東京駅で遅れて到着、かずちゃん。



颯爽と登場も、なんと、赤い気楽会ジャンパー!?
いきなり目立ってますね~(^^;


いやぁ、さすがです!!



東京の方々に、辰巳琢郎さんのサインをアピール☆


その後、時間があったので東京駅をちょっとブラブラ。
キャラクターストリートという、キャラクターグッズのお店が
立ち並ぶ一角で、なぜか、テンション上がる男が、、、。



実は、ぬいぐるみ好き(?)のひろちゃん。
(それはいいが、見た目あやしすぎです。。。)


時間に余裕があったので、そのまま、
東京駅のエキナカのビールバーにて、かるく一杯☆



昼間からビール2、3杯でかなり酔っ払いました(*^^*)



そして、問題のホテルでの遅れがあり、
急いで東京メトロで恵比寿に向かいました!!!
(詳しくは、↑のひろちゃんのブログ参照)

僕はスイカですっと改札を通ったのですが
2人を切符を買わねばなりませんが、、、、



恵比寿ってどこだ??と悩む二人。


「ちょっとそっちは都営線のマップだって!隣、隣!」と僕。



「おぉ、あった、あった」と二人。急いでるのに、なぜか呑気。。。

ちょっとした、プチおのぼりさん状態ですね(^^;
(というか、ひろちゃん、東京に住んでたのでは、、、?)


とりあえず、電車に乗れてほっと一息の二人。



ただ、この時点ですでに遅刻確定。がーん!(><)



その後、恵比寿駅についてから、ウェスティンホテルまでの
ロングランを経て、なんとかチャペルに駆け込みました。
(これが、思った以上に長く死にそうでした。。トホホ。)





でも、お二人のめでたい姿を見れてよかったです☆


あ、ただし、この人は間に合いませんでしたけど(^^;



作ってきた新聞の大きさの違いに凹む、かずちゃん。
(いやいや、思いの強さでは負けてなかったよー!)


そんなこんなの爆笑珍道中でしtが、
披露宴の中では、久々に立ち上げメンバーが揃って
非常に嬉しかったですね!!



こうちゃん、おめでとうございました!!
また、気仙沼で一緒しようね!

  
タグ :気楽会


Posted by やまだ@宮城 at 06:32Comments(0)

2010年03月02日

「映画・めがね」と「ドラマ・すいか」を語る夕べ


さぁ、いよいよ、3月に入りましたね!

昨夜は、ビジネスマンデー第1週、夜カフェ。
誰かのオススメ映画を見ながら、ゆるやかに情報交換する
気軽で楽しいトークパーティーです☆

今月は久しぶりに、はたけやまさんのオススメで
「映画・めがね」と「ドラマ・すいか」の2本立てでした!



いつもより気合の入った畠山さんのプレゼンからスタート。


まずは、映画「めがね」。

※あらすじなどは↓をどうぞ。
 http://movie.goo.ne.jp/contents/movies/MOVCSTD11152/

いや、なんというか、非常に異色な映画でしたねー。

シーンとしては、寝起きだったり、食事をしたり、たそがれたり、
という、のどかなシーンが繰り返されるのですが、
設定やキャラなどが独特で個性的。出演者全員がメガネだし。



いやぁ、メルシー体操には笑いました。。。(^^

すごい解説しにくい映画で、結局謎が多いまま終わるのですが
なぜか心地良い読後感のある作品ですね。

そして、俳優陣の演技にとくかく注目です。
もたいまさこ、小林聡美、市川美和子、、、みんなすごいです。


引き続いては、ドラマ「すいか」。

※日本テレビの公式サイトは↓
 http://www.ntv.co.jp/suika/

下宿宿に集う女性の共同生活を描くストーリー。
これもまた、小林聡美さんが主演で、市川美和子さんや
もたいまさこさんが出演、皆さんいい味出してます。



これを畠山さん独自の視点で解説を交えながら鑑賞。

今後、経済的に自立した女性の生活の一つのモデルに
なるではないか、という畠山さんの論。なるほど。

数年前の放映なのですが、全然違和感なく見れて
続きが見たくなるドラマでしたね。

というか、やっぱり小林聡美さんがイイですね。
寝起きをさせたら日本一の女優かもしれません(^^


そんなカンジで今月も良い映画・ドラマを教えてもらって
非常に満足な時間でした☆

ただ、あいにくの雪で、参加者が計2名だったのが残念っ(><)。
(ビジマン開始以来、二度目の最小結構人数でした・笑)

さて、来月の第1週目はどうなるか!?

  


Posted by やまだ@宮城 at 06:31Comments(0)

2010年03月01日

「旬の生わかめを楽しむ会」開催レポ(本編)


先週、北仙台の「しん」さんにて開催した
「旬の生わかめを楽しむ会」の開催レポートです!!

なぜ開催したか、の背景については↓の記事をご覧ください。
http://yamada.da-te.jp/e298041.html


今回はトライアルということもあったので
一つのテーブルで座れるくらいの席でセッティング。
(8名プラス遅れてきた1人の計9名)



一応、テーブルセットは、不肖・山田がいたしました。


スタートに向けて準備中のしんさん。



昼間にトラブル(?)があったとかで、ややテンパり気味(^^;


こちらは池田さん。



この日は、日本酒の銘柄をブラインドで出す、ということで
楽しげに瓶を新聞紙で包んでました(^^


そして、19時会場で参加者の方が集まってきました。



集まって気がついたのですが、今回の参加者の方々は
ほとんど(というか、スタートの8人は全部)女性でしたね。

まるで女子会のような雰囲気でした☆


顔なじみの方は多いものの、初めての方もいるので
まずはそれぞれの自己紹介をしていただきました。

食のプランナー、ライター、セレクトショップ、テレビ制作、
WEB、行政、水産などなど職種は様々。
我ながら、なかなかおもしろいメンバーだったと思いますね。


それでは会のスタート。まずは僕の方から趣旨説明をし、
引き続いて、しんさん、池田さんからもご挨拶。





今回はお2人に存分にお話いただきたい、というのが
僕の裏の目的でもあるのです☆


さて、ではお料理のスタートです!





まずは、スタンダードなお料理。

メカブの味噌和えに、新物あさりの味噌汁。
味噌つながりの2品ですね。

実はこれはまだ塩蔵のワカメを使っているのですが
さすがに気仙沼・藤田さんの塩蔵ワカメは
市販のものとシャキシャキ感がまったく違います。


ちなみに、残った味噌汁とメカブを合わせると
また違った味わいが楽しめます。



3度美味しい組み合わせ。しんさんらしいお料理ですね。


次は、白魚とワカメの茶碗蒸し。



ん~、これも美味しい。。。
ワカメのシャキシャキ感が生きてます。


そしてさらに、次のサラダは驚きの一品でした!

ワカメ、ヤーコン、つぼみ菜、ビンチョウマグロを
麹ドレッシングで合え、それをなんと大根で包みますっ。







大根は、かつら剥きで春巻きの皮のようになってます。

これは全く新しいお料理でしたね~。しかも、めちゃ旨い!
参加者方も感嘆の声があがってました☆


しんさんには、忙しい作業の合間ながらも
しっかりと手をとめて、お料理・ワカメの説明をしてもらいました。





参加者の方々は、メモをとったり、画像をとったり、
さらには、ツイッターでリアルタイムでつぶやいたり、、、。
(さすが、情報感度、IT感度が高い。。)


また、お料理の合間には、池田さんによる説明。



今回は、ワカメ料理に合わせて、味わいが全く違う
3種類の純米酒をそろえていただき、
さらには、それを5℃、35℃、45℃の3つの温度帯で
飲み比べて料理との相性を楽しんでもらう、という
新しい趣向にチャレンジしてもらいました。

※ここら辺については、詳しくはおっかぁが近日中に
 ブログに書いてくれるのではと期待。。。(^^;


そんな合間も、しんさんは休む間もなくお料理中。



この日は本当に一人でやられてたんです。すごい!!


とは言いながら、厨房からもしっかりと語ります。

いやぁ、さすが、しんさん。語るべき話の引き出しがあるわ、あるわ。
普段は料理人の人から料理を食べながらこうやって話を聞くことは
なかなかできないので、非常に贅沢な時間でしたね。





参加者の皆さんも、真剣に聞き入ってましたよ☆


またさらに今回は、残念ながらワカメ生産者の藤田さんには
お越しいただけなかったのですが、その代わり!

僕の友人、ワカメ専門家のみぽりんに来ていただきましたので
彼女からアツ~いディープなワカメトークをしてもらいました。



ワカメの生態や、外洋と内湾のワカメ違いなどなど、
意外と知らないワカメのことをたくさんお話いただきました。

実際にワカメを食べながらだったので、
かなり参加者の方々の頭と心にも響いたようですね。


さて、お料理の続きに行きます。



気仙沼、ということで、モウカの星(モウカサメの心臓)と
しんさんオリジナルの酢味噌を合えた一品です。

気仙沼コラボは嬉しいですね(^^


お次は、これまた驚きの一品が!



なんとグラタンです!!

豆腐と長芋を入れて、ふわトロに仕上げてあり、
それが中のメカブの粘りが合わさって、、、
これも、新しい味ですね。たまらーん!!(><)b


そして、いよいよ、クライマックスに近づいてきました。
(この時点ですでに22時超え。。)

この日のメインである生わかめ・めかぶのしゃぶしゃぶです!

まずは、しんさんから、外洋と内湾のメカブを見せてもらいました。



もうこれが一目瞭然です!!!全然カタチが違うっ。
外洋と内湾では育ち方がこれだけ変わってくるんですね。

ちなみに、内湾の方が柔らかく、流通しているほとんどは
内湾のメカブなんだそうです。(しかも、宮城が一番!)


そして、まずは、実際に生メカブのしゃぶしゃぶを体験!



茶色から鮮やかな緑色に変わるその変化に
初めての人は感激してましたねー。

しかも、アツアツでヌルヌルのメカブがまた最高。
メカブというと、刻んだものを冷たくして食べるのが多いですが
それとは全く別格な美味しさです☆


お次は、葉の方に。



こちらも外洋と内湾の葉のつき方の違いを目で見せます。
こういうのも中々他ではできませんよね。


これも、内湾と外洋の厚み、食感の違いを体験。





あっという間になくなっていきましたね~。
みなさん、喜びと驚きが入り乱れて楽しんでましたよ(^^


それにしても、これだけワカメにメインのスポットがあたり、
かつ、感激して食べてもらえる機会はなかったでしょうね。



それだけ可能性のある食材なんですね、ワカメは。
それに改めて気づけたのが本当に良かったです。


最後の〆は、ワカメのダシがたっぷり出た雑炊。
余計な味付けはせず、そのままの美味しさで。





いやぁ、これは嬉しいでしょうね!!〆まで完璧でした☆


ということで、お料理はこれで終了。
最後は、池田さんから日本酒の答えあわせ。



※こちらも、おっかぁのブログレポに期待です(^^;
 (僕はあまり飲めませんでしたので。。。)


以上。盛りだくさんで終了したのがなんと23時半!

でも、それだけ濃密な時間でしたね。

旬の生ワカメを、その素材を引き出しながらも
様々な食べ方で美味しく食べることができ、
それに合わせた日本酒との相性を楽しむことができ、
さらには、ワカメの意味を一緒に知ることができた。

今までない機会が作れたのではないかと思います。


それもこれも、今回の会を一緒に企画してくれた
しんさん、池田さんに感謝ですね!!
(終了後、雑炊をほおばるお2人 ^^)





こんな素晴らしいプロフェッショナルのお2人と
一緒に一つのことをやれて、恐縮ながらも幸せです☆


さて、この会も今回で終わりではありません!

参加者の皆さんからも色々とフィードバックをいただけたので
それらも元に今度のアクションを考えいきますよ!!

今後も宮城の旬な食材と魅力的な生産者を取り上げ
このような会を年間を通じて行っていきたいと思いますので
どうぞ楽しみにしていてくださいね~。

※ワカメの会も、もう一回開催できればいいな、、、と(^^


  


Posted by やまだ@宮城 at 07:02Comments(4)
アクセスカウンタ
プロフィール
やまだ@宮城
やまだ@宮城
宮城をこよなく愛する35歳です。

◆生まれてからずっと仙台で20数年間育った後、
2年間の気仙沼暮らし、1年間の東京・松戸暮らしを経て、
2008年4月より3年振りに仙台に戻ってきました!

◆08年から3年間、宮城の「食」に関わる仕事を経験し、
13年11月からは、女川町(派遣)で働くことになりました。

◆宮城の人(特に自分 ^^)が、宮城をもっともっと楽しめるように
宮城の魅力を自由に楽しく!発信・発見していけたらよいなと
思っておりますっ。

◆初めての方も、今までご縁の会った方も
どうぞ引き続きよろしくお願いします!!
QRコード
QRCODE
インフォメーション
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 9人
オーナーへメッセージ