2010年11月16日

第18回みやぎ「食・人」交流サロン


昨日は、ファイブブリッジのビジネスマンデー。
第3月曜日は、みやぎ「食・人」交流サロンです。

食の現場に関わる実践者の方々が集まり
特にゲストを設けず、各参加者からの発信をベースに
様々な情報交換・意見交換を行っています。
(※過去開催の様子


昨夜は、別ミーティング(ダテコレクション)と
被っていて参加できない人たちがいたりしましたが
16人の方にご参加いただきました。



最初の方だけで中座した津田くんからは
食・人サロン有志による共同ギフトカタログ制作の
経緯や進ちょく状況などをご報告いただきました。

現在10社ほどが集まっているそうですが
この集まりを「ダテコレクション」と称して
カタログに限らず、共同での催事展開などにも
つなげていきたいとの構想です。

冬のギフトに向けて、超特急で作業中とのことで
出来上がりが楽しみですね☆


こちらは、初参加。



石巻(旧河南町)で、なんと無農薬でササニシキを
栽培されている米農家の木村さん。
http://dendentanbo.com/

無農薬の田んぼは裸足で入ると温かみがあるらしく、
本来は大変な草取りの作業を喜んで手伝いに来てくれる
ボランティアの方がクチコミで拡がっているんだそうです。
(2年目の今年は60~70人くらいとのこと!!)

これはちょっと驚くべき事例でしたね。
気になるので、僕も来シーズンはぜひ行ってみたいなぁ。


そして、今年一緒に小瀬菜大根に取り組んでいる大河内さんは、
ちょうど日曜日に小瀬菜大根の試食会をやったということで
小瀬菜大根の現物を持ってきてくださいました。





みんなで大根の葉をポリポリかじりながら話を聞く、
非常に不思議な光景ですね(^^;


サラダと紫蘇の実漬けも出していただきました☆





みなさん、初めて食べた人ばかりですが、シンプルに
素材としての美味しさを感じていただいたようです。

先週火曜に畑から獲ってきた小瀬菜大根とのことですが
1週間経っても、食感・味ともにあまり気にならないですね。
足が早いかと思ったんですが、これは新しい発見でした。

あと、小瀬菜大根の取り組みも、その意義・意味合いを
初めての人にどのように整理してシンプルに伝えるか、
そこを上手くできるようにしないといけないなと感じました。


その他、それぞれからお話をしていただいて
やはり23時くらいまでしっかりとかかって終了しました。





みなさん、それぞれに新しい展開が出てきていて
今後の動きが非常に楽しみになってきますね。

また、新しい参加者の方も3人ほどいましたし、

その内のお一人は、地域の直売所支援を行いながら、
直売所を通じた取り組みが地域の人たちに対して
どういう影響を与えるかという地域民俗学的見地で
研究されている人がいて非常に興味深かったですね。
(ぜひまた詳しくお話聞いてみたいです!)


ということで、来月の食・人交流サロンは
いつもの第3月曜、12月15日(月)開催です。

参加者された皆さんはそれぞれが何かしらの
ヒントやきっかけを得ていただいているようなので
宮城の食に関わりのある方で、興味をある方は
ぜひぜひご参加くださいね!!

  


Posted by やまだ@宮城 at 06:47Comments(0)
アクセスカウンタ
プロフィール
やまだ@宮城
やまだ@宮城
宮城をこよなく愛する35歳です。

◆生まれてからずっと仙台で20数年間育った後、
2年間の気仙沼暮らし、1年間の東京・松戸暮らしを経て、
2008年4月より3年振りに仙台に戻ってきました!

◆08年から3年間、宮城の「食」に関わる仕事を経験し、
13年11月からは、女川町(派遣)で働くことになりました。

◆宮城の人(特に自分 ^^)が、宮城をもっともっと楽しめるように
宮城の魅力を自由に楽しく!発信・発見していけたらよいなと
思っておりますっ。

◆初めての方も、今までご縁の会った方も
どうぞ引き続きよろしくお願いします!!
QRコード
QRCODE
インフォメーション
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 9人
オーナーへメッセージ