2012年11月16日

気仙沼横丁「かに物語」を初体験!


先日気仙沼で気仙沼横丁(復興屋台村)にある
「かに物語」さんに初めて行ってきました!



ご覧のとおり、海に近い方の入口入ってすぐにあるお店。


こちらは、気仙沼を代表する会社の一つである
カネダイさんが南大西洋沖のナミビアで獲ってきている
マルズワイガニの食べ方を提案するアンテナショップとして
震災後に新たに始めたお店なんです。

※詳しくはこちら(三陸経済新聞)の記事をご覧ください
 http://sanriku.keizai.biz/headline/467/





そして、カネダイは気楽会でもよくお世話になっている
佐藤俊輔くん(俊ちゃん)の会社でもあります(^^

というのもあり、前々から行ってみたかったのですが
なかなか行くタイミングがつかめず
先週の土曜日に遅いランチで行ってみました。


店内は、カウンター席のみで7席。



メニューは、しっかりランチをとるならカニピラフ。
軽く食べたいなら、ビスクやクラブケーキといった感じ。


今回頼んだのはカニピラフ&ビスクのセット。





いんや~、カニピラフ美味しそうでしょ!?
上にマルズワイガニの足も乗っちゃってます☆



こちらを剥いてそのまま食べてもよし、
ピラフと一緒に混ぜて食べてもよし。
これぞ、カニの醍醐味でしょうか(^^)v


そして、こちらがビスク(スープ)です。



ビスクというのは、カニなどの甲殻類を
白ワインで炒めて煮詰めてつくるスープとのこと。
(たしかそんなカンジのことを言ってました ^^;)

これがまた濃厚で旨いっ!!
これは、かなりクセになる味ですね。ハマる!


そして、なんといってもオススメは
それぞれ単品で食べても美味しいのですが
ピラフをビスクに浸して食べる食べ方です。



カニ×カニのコラボでより美味しく食べれます。
これは絶対美味しいですよ☆



一緒に食べに行ったみっちーも大満足のご様子(*^^*)


ちなみに、かに物語さんはアンテナショップなので
テーブルや店内にマルズワイガニの写真があったり





ナミビアでマルズワイガニ漁をしている様子を
録画映像で見れたりします。こういうのはいいですね。


また、もちろんここで食べた商品は
買ってかえったり、発送することもできます。



マルズワイガニを扱っているのは日本では
カネダイさんだけらしいので、新しい気仙沼の味として
ぜひ発信していってほしいですね!!


そんなかに物語さんですが、今週末から来週にかけて
気仙沼以外でも味わうことができちゃいます。

まず仙台では、昨日から18日(日)まで
サンモール一番町のマルシェジャポン仙台に出店。

そして、東京では、19日(月)から25日(日)まで
池袋の宮城のアンテナショップに出店しています。
http://www.asahi.com/travel/event/detail/10084157.html

お近くの方はぜひ足を運んでみてくださいね(^^


  


Posted by やまだ@宮城 at 07:20Comments(2)
アクセスカウンタ
プロフィール
やまだ@宮城
やまだ@宮城
宮城をこよなく愛する35歳です。

◆生まれてからずっと仙台で20数年間育った後、
2年間の気仙沼暮らし、1年間の東京・松戸暮らしを経て、
2008年4月より3年振りに仙台に戻ってきました!

◆08年から3年間、宮城の「食」に関わる仕事を経験し、
13年11月からは、女川町(派遣)で働くことになりました。

◆宮城の人(特に自分 ^^)が、宮城をもっともっと楽しめるように
宮城の魅力を自由に楽しく!発信・発見していけたらよいなと
思っておりますっ。

◆初めての方も、今までご縁の会った方も
どうぞ引き続きよろしくお願いします!!
QRコード
QRCODE
インフォメーション
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 9人
オーナーへメッセージ