2013年01月17日

コヤマパパとの思い出


昨日はお昼からお休みをいただいて
気仙沼にコヤマパパのお通夜に行ってきました。

コヤマパパが早くしてお亡くなりになった残念さは
どうにもなりませんが、まずはこうして駆けつけて
ご焼香することができてよかったです。

ひろちゃんはじめ、ご家族も疲れた様子が見えながらも
終始、凛として立派に務められていました。
何か声をかけたいと思うものの、こういうときは
なんとも言葉が出てこないものですね。

また、かずちゃんをはじめとして、
気楽会メンバーやひろちゃんの同級生・友人たちも
たくさんお手伝いをされていました。
みなさん、本当におつかれさまでした。


行き帰りの道中、むつみと話をしながら、
コヤマパパとの思い出を考えていましたが
気楽会で参加したみなとまつりや海神様とは別に
一度、2人だけで飲みに行ったことが
やはり懐かしく感じられましたね。

気楽会ブログをさかのぼってみたら
そのときの記事もしっかり残っていました。
http://kirakukai.blog.shinobi.jp/Entry/175/



当時は東京への異動が目前に迫っていたときで
その前に、ぜひ飲みましょうよ、と僕からお誘いして
サシ飲みをしたのでした。

思えば、友人のお父さんと、サシ飲みというのは
これが唯一の経験かもしれませんね。

そのときたくさん色んな話が聞けたのですが
それ以上にびっくりしたのは、コヤマパパが
ひろちゃんや僕らがやっていた気楽会の活動を
思っていたよりもずっとよく知っていて、
ブログなどもチェックしていてくれたことでしたね。

珈琲山荘コヤマで、毎週定例会をしているとき、
マスターとして、コヤマパパをいつもお店にいて、
話を聞いている風ではなかったのですが、
しっかり聞いてくれてたんですね。

それでいて、特に口を出すでもなく。
ご自身も地域でたくさんのことを実践してきたので
本当は色々口を出したいこともあったんだと思いますが
それをせずに、でも、温かく静かに見守ってくれていた。
それがとっても嬉しく頼もしく感じたのを覚えています。

コヤマパパにはこれからもずっと、
ひろちゃんや僕ら気楽会のことを見守り続けてほしいですね。
僕らも、コヤマパパから教えてもらったたくさんのことを
しっかり引き継いでいきたいと思います。
これからもどうぞよろしくお願いします。


  

Posted by やまだ@宮城 at 06:56Comments(2)
アクセスカウンタ
プロフィール
やまだ@宮城
やまだ@宮城
宮城をこよなく愛する35歳です。

◆生まれてからずっと仙台で20数年間育った後、
2年間の気仙沼暮らし、1年間の東京・松戸暮らしを経て、
2008年4月より3年振りに仙台に戻ってきました!

◆08年から3年間、宮城の「食」に関わる仕事を経験し、
13年11月からは、女川町(派遣)で働くことになりました。

◆宮城の人(特に自分 ^^)が、宮城をもっともっと楽しめるように
宮城の魅力を自由に楽しく!発信・発見していけたらよいなと
思っておりますっ。

◆初めての方も、今までご縁の会った方も
どうぞ引き続きよろしくお願いします!!
QRコード
QRCODE
インフォメーション
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 9人
オーナーへメッセージ