2013年01月29日

第39回東北ビジネス未来塾


昨夜はファイブブリッジのビジネスマンデー。

第4月曜は東北ビジネス未来塾として、
ミライトス・鈴木さんにコーディネートしていただいてます。
(竹井⇒松村⇒鈴木 と引き継がれて3期目に入っています)

東北ビジネス未来塾は基本的に2部構成で、
第1部は、参加者同士の自己紹介&近況報告タイム。
第2部は、主に参加者の中からスピーカーを設定し、
その人の持っているテーマから話をしてもらうスタイル。


今回のスピーカーは塩竈の揚げかまぼこメーカー、
マルブン食品の佐藤文行さん(通称:ブンさん)。

テーマは「蘇れ!日本の消費者!」として
普段のスーパーの買い物だけでは、なかなか分からない
現在の流通・小売の実態を分かりやすく解説いただきました。

※プロフィールなども含めた詳しい告知はこちら
 https://www.facebook.com/events/1246667645472162/



今回は18名の方にご参加いただきました。
食に関連したテーマのせいか、ブンさん人気なのか、
初参加で、女性の参加が多かった気がしますね(^^


ブンさんには1時間半以上たっぷりと、
消費者として知っておくべきスーパーの実態を
メーカーからの視点を合わせお話しいただきました。

ブンさんの話では、昔は、商店街の専門のお店が
色んなことを教えてくれて、そこから学べたはずだけど、
スーパーが出てきたことで、買う意味が変わり、
知らずに買わされることが多いということでした。



↑は、今のと昔の売価、製造原価、その他経費の
比較をした、とっても分かりやすい図です。

消費者としては、いくらか、という売値だけ気にしますが
実際には、小売りの値入率(もうけ)があって、
売価だけでは分からない原価の差があるんですよね。

見た目は安くて良い商品のように見えても
売る側の利益が多いだけで、原価の低いものも
あるということはよく知っておいた方がいいですね。


そのケースワーク?ということで、
通常スーパーで売っている揚げかまぼこを食べ比べ。







それぞれの商品の値段と、値入を比較しながら。
(とってもセキララですよね ^^;)

別に高いものが良いとか、品質の良いものが良いとか
そういう一律のものではないですが
知らずに買うのと、知って買うのとでは違いますよね。
とっても勉強になりました。


とはいえ、スーパーでは伝わる情報に限界があるし、
なかなかそこでの買い方を劇的に買えるというのも
難しいですよね~。

個人的な意見としては、
スーパーで買う日常の買い物とは別に、
直接、八百屋さんやお魚屋さんから買う機会や
県内の食品メーカーさんに買いに行く機会を
楽しみとしてつくるようなことがまずは第一歩かなと
思いますね。

特に宮城県には水産加工を中心として
良いものづくりをしている食品メーカーさんが
たくさんあるんですから、そういう地域メリットを
存分に生かさないともったいないかなと。
(地域の資産・資源であるメーカーを守るという意味でも)

そんなことを改めて思いました。


なお、ブンさんによる現場からの発信は↓のブログで
頻繁に更新されていますので、ぜひご覧ください(^^
http://ameblo.jp/marubun-s/


ということで、来月の東北ビジネス未来塾は
第4月曜の2月25日の開催となっています。
どんなスピーカーなのか、楽しみにしていてください☆

  


Posted by やまだ@宮城 at 07:03Comments(0)
アクセスカウンタ
プロフィール
やまだ@宮城
やまだ@宮城
宮城をこよなく愛する35歳です。

◆生まれてからずっと仙台で20数年間育った後、
2年間の気仙沼暮らし、1年間の東京・松戸暮らしを経て、
2008年4月より3年振りに仙台に戻ってきました!

◆08年から3年間、宮城の「食」に関わる仕事を経験し、
13年11月からは、女川町(派遣)で働くことになりました。

◆宮城の人(特に自分 ^^)が、宮城をもっともっと楽しめるように
宮城の魅力を自由に楽しく!発信・発見していけたらよいなと
思っておりますっ。

◆初めての方も、今までご縁の会った方も
どうぞ引き続きよろしくお願いします!!
QRコード
QRCODE
インフォメーション
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 25人
オーナーへメッセージ