2014年03月11日

震災から丸3年。


あの震災から今日で丸3年。

正直、仕事の方がけっこう慌ただしくて、
この日をこんなにバタバタと迎えることになろうとは
思いませんでしたが、それでも丸3年です。

3年という一つの区切りの時間ではありますが
復興に向けては、被災したどの沿岸部のまちも、
まだまだ道の途中というのは間違いありません。

ただ、とはいいながらも、それと同時に
気仙沼や女川をはじめとして沿岸部のまちには
地域を担うおもしろい人たちがいっぱいいて、
素晴しい自然や風土、食に恵まれていて、
今もうすでに魅力的であることも間違いありません。

そんな両方の思いを持ちながら、
自分が深く関わっている地域の魅力を
まずは自分がしっかりと楽しみながら、
その楽しさを発信していく、楽しさを創り出していく、
ということが、今までも、これからも変わらない、
自分ができることなんだろうと思っています。

たぶん1年前もまったく同じようなことを書いたのでは
ないかなと思いますが、それをまた再確認するための
区切りの日が自分にとっての今日なんでしょうね。



↑は昨朝の薄曇りの女川湾です。
雲の合間からうっすら差し込む朝日がなんとも言えずキレイ!



  

Posted by やまだ@宮城 at 06:58Comments(0)
アクセスカウンタ
プロフィール
やまだ@宮城
やまだ@宮城
宮城をこよなく愛する35歳です。

◆生まれてからずっと仙台で20数年間育った後、
2年間の気仙沼暮らし、1年間の東京・松戸暮らしを経て、
2008年4月より3年振りに仙台に戻ってきました!

◆08年から3年間、宮城の「食」に関わる仕事を経験し、
13年11月からは、女川町(派遣)で働くことになりました。

◆宮城の人(特に自分 ^^)が、宮城をもっともっと楽しめるように
宮城の魅力を自由に楽しく!発信・発見していけたらよいなと
思っておりますっ。

◆初めての方も、今までご縁の会った方も
どうぞ引き続きよろしくお願いします!!
QRコード
QRCODE
インフォメーション
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 9人
オーナーへメッセージ