2014年09月18日

剥きホヤ(ロケット)を食べてみました


今シーズンのホヤも殻付きは出なくなりましたが、
剥きホヤは仙台のスーパーでまだ売っていたので
週末、試しに買ってみました。



その形状から、通称ロケットと呼ばれているようです。
一緒に入ってる水は、殺菌された海水だと思います。

よく見かけてたのですが、今まで殻付きばっかりで
実はこの剥きホヤは食べたことなかったんですよね。

ホヤは鮮度による劣化がものすごく早いので
殻のまま流通して時間が経過してしまうよりは
水揚げ後すぐに剥いてしまったほうが良い状態を
維持することができるんだそうです。


ロケットを開けて取り出してみると、
ホヤ丸々2個分が入ってました。
(↓は細かく切ったあとの画像です)



味わいは確かに日数経過した殻付きホヤよりも
ホヤ独特のえぐみ・苦みが少なくて美味しかったです。

食感だけ心持ちですが、殻付きの剥きたてよりは
プリッと感がやや落ちるような気はしましたが、
ほぼ問題ないレベルかと思います。

殻付きを自分で捌いて食べる醍醐味はありますが、
剥きホヤの方が手間が省けるので便利ですね☆

同じ剥きホヤでも、冷凍したものはどうなのか、
今度試してみたいと思いますっ!!


  


Posted by やまだ@宮城 at 06:33Comments(0)
アクセスカウンタ
プロフィール
やまだ@宮城
やまだ@宮城
宮城をこよなく愛する35歳です。

◆生まれてからずっと仙台で20数年間育った後、
2年間の気仙沼暮らし、1年間の東京・松戸暮らしを経て、
2008年4月より3年振りに仙台に戻ってきました!

◆08年から3年間、宮城の「食」に関わる仕事を経験し、
13年11月からは、女川町(派遣)で働くことになりました。

◆宮城の人(特に自分 ^^)が、宮城をもっともっと楽しめるように
宮城の魅力を自由に楽しく!発信・発見していけたらよいなと
思っておりますっ。

◆初めての方も、今までご縁の会った方も
どうぞ引き続きよろしくお願いします!!
QRコード
QRCODE
インフォメーション
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 9人
オーナーへメッセージ