2015年03月14日

国連防災世界会議「東北防災・復興パビリオン」で女川町もプレゼン!


今日から仙台で国連防災世界会議が開催され、
多くの友人・知人も様々な形で関わっているようですが
その一会場で本日夕方、女川町も登場します!

仙台メディアテークで被災自治体が参加する展示イベント
「東北防災・復興パビリオン」 が行われていまして、
会場内にプレゼンテーションステージ
「Voices from the affected areas/被災地域の声」があり、
そこで女川町のプレゼンテーションが行われます。

女川町らしく、ただのプレゼンテーションではなく、
「女川さいがいエフエム」の公開録音としてのトークショー。

復幸まちづくり女川合同会社の喜英さん、
アスヘノキボウの小松さんや、町役場の土井さんが
女川さいがいFMの木村太悦さんを聴き手に
女川の復興まちづくりとこれからについて語ります。
(そして、城井さんが現場監督として ^^)

しかも、女川だけ16時からと17時からの2部構成(笑)

僕も急きょ予定が変わって行けることになったので
会場に参加者(冷やかし)として行きますので、
もしお近くでお時間ある方はぜひ聴きに来てください!


【詳細は以下】

◆第3回国連防災世界会議 パブリック・フォーラム
 東北防災・復興パビリオン プレゼンステージ
 http://www.bosai-sendai.jp/article/?c=100362

 [日時] 3月14日(土)第1部:16時~/第2部:17時~(各30分)
 [会場] せんだいメディアテーク1階オープンスクエア(仙台市・青葉区)

本町のプレゼンは、「女川さいがいエフエム公開録音」として、
町内キーパーソンの方々が登壇し、トークショー形式で
女川の復興と未来について紹介します!

【第1部】女川町「千年に一度のまちづくり」
【第2部】いざ出航!新生元年 来てけさいん!

<登壇者>(1部2部共通)
 司会   木村 太悦氏(女川さいがいエフエム) 
 民間代表 阿部 喜英氏(女川みらい創造株式会社/復幸まちづくり女川合同会社)
 NPO代表 小松 洋介氏(特定非営利活動法人アスヘノキボウ)
  町職員 土井 英貴氏(女川町役場産業振興課公民連携室)

なお、プレゼンの模様は、後日「おながわ☆なう」でもオンエア予定です。
どうぞご期待ください!






  


Posted by やまだ@宮城 at 09:18Comments(0)
アクセスカウンタ
プロフィール
やまだ@宮城
やまだ@宮城
宮城をこよなく愛する35歳です。

◆生まれてからずっと仙台で20数年間育った後、
2年間の気仙沼暮らし、1年間の東京・松戸暮らしを経て、
2008年4月より3年振りに仙台に戻ってきました!

◆08年から3年間、宮城の「食」に関わる仕事を経験し、
13年11月からは、女川町(派遣)で働くことになりました。

◆宮城の人(特に自分 ^^)が、宮城をもっともっと楽しめるように
宮城の魅力を自由に楽しく!発信・発見していけたらよいなと
思っておりますっ。

◆初めての方も、今までご縁の会った方も
どうぞ引き続きよろしくお願いします!!
QRコード
QRCODE
インフォメーション
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 9人
オーナーへメッセージ