2015年10月26日

自家製はらこめしに挑戦!


宮城県亘理地方の秋の風物詩・はらこ飯を
昨日、初めて自宅で作ってみることに挑戦!
(あ、実際に作ったのは奥さんですが ^^;)



スーパーで鮭切り身と生筋子を購入し、
まずは、筋子からいくら醤油漬けをつくります。





筋子をほぐしながらお湯に入れて、
あとは、水を何度か入れ替えながら
いくらの皮を落としてきれいにしていきます。





いくらは白くなってしまいますが、
これを漬け醤油に入れてしばらくおくと
透明感が復活して、きれいに仕上がります。



冷蔵庫で3時間くらい置くとこんな感じに。
思った以上にちゃんとできてびっくり。
自宅で作れるとなると嬉しいですねー!!


そして、はらこ飯の方にうつっていきます。



切り身を一口大に切っていって、
酒、しょうゆ、みりん、だしを合わせた汁で煮ます。

この汁をそのまま米と一緒に炊飯器に。
煮た切り身は、形のキレイなのは別で分けて、
半分くらいは一緒に炊飯器で炊きます。



んー、炊き上がった香りがいいカンジ!!


あとは、器に持って、切り身を載せた上に
いくらを好きなだけかけて、大葉を少々。



いやぁ、めちゃくちゃ美味しくできましたー!
初めての挑戦でしたが、こんな美味しくできるとは。
(大葉が彩り的にも味わい的にも必須でしたね ^^)

亘理のお店に食べに行くのはよいですが、
こうやって自宅でやってみるのもいいですね。

レシピは検索するといろいろでてきますので、
思ったより簡単なので、ぜひお試しあれ!!



  
タグ :はらこ飯


Posted by やまだ@宮城 at 05:20Comments(2)
アクセスカウンタ
プロフィール
やまだ@宮城
やまだ@宮城
宮城をこよなく愛する35歳です。

◆生まれてからずっと仙台で20数年間育った後、
2年間の気仙沼暮らし、1年間の東京・松戸暮らしを経て、
2008年4月より3年振りに仙台に戻ってきました!

◆08年から3年間、宮城の「食」に関わる仕事を経験し、
13年11月からは、女川町(派遣)で働くことになりました。

◆宮城の人(特に自分 ^^)が、宮城をもっともっと楽しめるように
宮城の魅力を自由に楽しく!発信・発見していけたらよいなと
思っておりますっ。

◆初めての方も、今までご縁の会った方も
どうぞ引き続きよろしくお願いします!!
QRコード
QRCODE
インフォメーション
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 9人
オーナーへメッセージ