2016年03月02日

お試し移住・山崎さんのお見送り!


22日間のお試し移住にトライしていた山崎さんが
昨日、予定期間を満了し、京都に帰られました!



申し合わせたわけではないのですが、
山崎さんの見送りに駆けつけた方々とパシャリ☆

それだけ山崎さんが滞在期間中に、
女川の方々と関係を深めたことの現れですね。


女川は定住人口だけでない、活動人口という考え方を
ベースに施策を組み立てていて、それを具現化した
一つの形がこのお試し移住という取り組みになります。

それもまだお試しのお試しというか、まずはトライアルで
やってみて、その結果を受けてまた改善をしていこう、
ということでやっているのですが、その狙いを体現し、
お試し移住をフル活用してくれたのが山崎さんでしたね。

女川という場と、自分の持っているものを掛け合わせ、
夜営業のBarの空いた時間帯を活用したランチ営業や
Beer Barとコラボした寿司イベントなどなど、
女川の人たちも楽しめるコンテンツを生み出しながら
女川の空間活用の可能性・アイデアを見せてくれました。

また、山崎さんが女川での活動の様子を発信をすることで、
山崎さんきっかけでたくさんの方が女川を訪れてくれました。

さらには、女川で得たものから新しいビジネスアイデアまで
生み出して、その仕掛けまで女川滞在中に。

いやぁ、改めて考えると、本当にすごいですね。

僕らもお試し移住をこういう活用してもらえたら、という
いくつかのイメージはあったのですが、その想定範囲を
見事に大きく超えてくれました。

こういうことがあるから、やってみないと分からないし、
トライアルを小さく早く回すことの価値があるんですよね。


そんな山崎さんはまた夏に来ます!と力強く宣言し、
京都に戻っていきました。

女川との関係値が高い人が女川の外にたくさんいて、
そういう人たちが何回も女川に帰ってきてくれることが
まさに女川が目指す一つの形なんだろうなと思います。

山崎さんの再来を心待ちにしつつ、
山崎さんの成長に負けないように女川ももっともっと
おもしろく変化していけるよう、がんばろう!!



  
タグ :お試し移住


Posted by やまだ@宮城 at 06:01Comments(0)
アクセスカウンタ
プロフィール
やまだ@宮城
やまだ@宮城
宮城をこよなく愛する35歳です。

◆生まれてからずっと仙台で20数年間育った後、
2年間の気仙沼暮らし、1年間の東京・松戸暮らしを経て、
2008年4月より3年振りに仙台に戻ってきました!

◆08年から3年間、宮城の「食」に関わる仕事を経験し、
13年11月からは、女川町(派遣)で働くことになりました。

◆宮城の人(特に自分 ^^)が、宮城をもっともっと楽しめるように
宮城の魅力を自由に楽しく!発信・発見していけたらよいなと
思っておりますっ。

◆初めての方も、今までご縁の会った方も
どうぞ引き続きよろしくお願いします!!
QRコード
QRCODE
インフォメーション
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 9人
オーナーへメッセージ