2016年03月11日

震災から5年目の3月11日


日々慌ただしく過ごしてるせいか、何となく意識はしつつも、
あまり実感がないまま突入した5年目の3月11日です。

5年前のブログを見返しつつ、あれからもう5年かぁ、、、
と思うと、時の経つことの早さと重みをしみじみ感じます。

5年前はこれからどうなるのか、自分に何ができるのか、
正直、全く思い描くことはできませんでした。

でも自分ができることからやるしかないよなと思い立ち、
ひとつひとつ積み重ねていくことで少しずつではあるけど、
自分ができること、自分がやりたいことが見えてきたり、
動く中で、いろんなものがつながってきた5年間でした。

もちろん思った以上に進んでいないことも多いですが、
でも、思った以上に実現できてることもたくさんあって、
人の力・可能性って、本当にすごいなぁと心から思います。

これからやるべきこと、やりたいこともたくさん見えているし、
そこから広がることもたくさんあるだろうという予感もあって
そう素直に感じれることはすごくありがたいことですね。

節目だからといって何か新しいことをするわけでなく、
今までと同様に自分ができることを懸命にやるだけですが、
自分と自分の周りの人たちが心から面白がれることを
ひとつずつ形にして、今以上の楽しさを創りだしていくことが
これからはより一層大事になるだろうと改めて思う今日でした。


  

Posted by やまだ@宮城 at 08:13Comments(0)

2016年03月10日

オーミチキンうどん!


Sugar Shackさんで毎週水曜日に期間限定で
メニュー提供される仙台の近江さんによる「オーミチキン」。

ついつい習慣になってしまい、今週も行ってきました!



お酒を飲まずとも、夕食だけ食べに行ってもいいので、
そういう存在はとってもありがたいんですよね~。
(昨夜も城井さんとノンアルで食べに ^^)


しかも、昨夜はこれまでのオーミチキンだけでなく、
新しいバージョンとして、オーミチキンうどんが登場!



オーミチキンのタレを白だしベースのスープで伸ばし、
うどんを軽く煮ているので、味がしみて美味しい~☆

しかも、残ったスープにご飯を投入して雑炊風で
二度おいしいという、たまらない食べ方ができちゃいます。





美味しいので、うどん・雑炊と一気に食べちゃました♪
こんなアレンジでもできるとはオーミチキン恐るべしです。

しかも、このうどんバージョンは近江さんが仙台からの
車中で考えて、材料を現地調達して急きょやってみたそうです。
このスピード感のあるトライアルがステキですね。


オーミチキンは2月末から1ヶ月限定でスタートしていて、
3月は来週水曜と、あと1週あるかないからしいので、
食べたことある人も、まだ食べてない方も、食べ逃しなく!



それ以降も、そのまま継続するか、新しいトライアルをするか、
考えるようなので、こんなこともできると楽しいですよね、とか
アイデアを近江さんと投げかけるのも良いかもしれませんね!



  


Posted by やまだ@宮城 at 06:10Comments(0)

2016年03月09日

飲み会でマグロ丼!


昨夜は「居酒屋カフェ エム」さんで飲み会!

敬幸さんのセッティングということで
明神丸の「マグロ三色丼(上)」を一人ひとつずつ、
というなんとも贅沢な持ち込み。





こういう飲み会ができるのは女川ならではですよね。
あぁ、ほんとに美味しかった~☆



ちょうど18時台のニュースで女川のことを
特集していたので、映像をみんなで見たり、



そのままガル屋に流れ、岡清チームと合流したりと
やや飲みすぎましたが、昨日の楽しい夜でした♪


  

Posted by やまだ@宮城 at 07:47Comments(0)

2016年03月08日

大阪でも、東京でも、女川!


今週、大阪、東京で女川を食べれる機会があります!

大阪タカシマヤでは、明日9日(水)から14日(月)まで
「大東北展」として、その中のメインで女川丼が登場!


※大阪タカシマヤ「大東北展」の情報はこちら
 https://www.takashimaya.co.jp/osaka/event/index.html#os5802

岡清さんだけでなく、マルキチ阿部商店さんや高政さん、
さらには、Bar OWLのホヤキソバが食べれたり、
ガル屋の女川ホップペールも飲めるという貴重な機会。

大阪・関西方面の方はどうぞお見逃しなく!


さらに、東京でも浅草のまるごとにっぽんで、
「まるごと女川町復幸祭」として催事を11日まで開催中。
https://marugotonippon.com/event/detail/10026

加工品即売会やポスター展、さんま汁振る舞い、
スペインタイルや手づくりの石けん体験ワークショップに、
おかせいとカフェがコラボした海鮮ミックスフライ定食も!

明日9日(水)夜は小松さん、厨さん、梶屋さんという、
豪華な3人によるトークショーも開催されるそうです!


それから、もう一つ、丸ビル1Fの丸の内カフェでは、
「うまみのおもてなし酒BAR」として宮城の食材を使った
メニューを提供しているのですが、ここでは女川産ホヤを
使ったメニューも提供されています!
http://shokumaru.jp/tohoku/20160311_1.html

「女川産蒸しホヤのアペリティフ~大人のエキゾチック仕立て~」
だそうです。どんな味なのか気になるところです。。。

その他、石巻産や気仙沼産の食材などを使ってシェフが
考案した美味しそうなメニューがたくさんあるようなので、
ぜひ行ってみてください!!



  

Posted by やまだ@宮城 at 07:42Comments(0)

2016年03月07日

熊谷達也先生のトークイベントやります!


今週末の3月12日(土)の18:30から、
気仙沼のアンカーコーヒーマザーポート店にて、
作家・熊谷達也さんのトークイベントを行います!

◎みなとのがっこう / STORY~作家・熊谷達也の見た気仙沼~
 https://www.facebook.com/events/1664468783817096/

「みなとのがっこう」のSTORYシリーズとして、
達也先生が描く「仙河海」の物語を通して、
気仙沼のこれまでとこれからのことを考えよう、
という企画で、一昨年の4月に続き2回目です。

これまで過去から未来を行ったり来たりしながら、
さまざまな時間軸と登場人物が交錯し合うという
壮大な物語を展開してる仙河海シリーズ。

そんなシリーズの全体像や相関関係はもちろん、
執筆の裏話などもたっぷり交えて、達也先生自ら
お話をお聞きできるという貴重な機会となります。

まだ若干定員枠がありますので、
もしご興味ある方はぜひご参加お待ちしています。
(下記からメールにてお申込みください)

ちょうど3月4日にシリーズ5冊目となる新刊が
発売になったばかりで当日の会場では、
達也先生のサイン本の販売も予定していますので
そちらもどうぞお楽しみに☆



◎「希望の海 仙河海叙景」(集英社)
 http://renzaburo.jp/kibounoumi/


(以下、トークイベント詳細)7

みなとのがっこうvol.4/STORY

「 作家・熊谷達也から見た気仙沼 第2章
~『ティーンズ・エッジ・ロックンロール』から『希望の海 仙河海叙景』 ~ 」

気仙沼中学校で教師を3年間勤められた経歴がある直木賞作家・
熊谷達也さんの講座を下記のとおり開催します。

熊谷達也さんは、昔と今の気仙沼を知る稀有な現役作家で
震災後は、気仙沼をモデルにした「仙河海市」を舞台に、
年代や登場人物が交錯した複数の物語を描かれています。

そんな熊谷達也さんの描く「仙河海(せんがうみ)」の物語は、
気仙沼人の人柄や気質、気仙沼の風土、文化、風習を深く知り、
感じることができる貴重な読み物になっています。

第2回目となる今回は、前回の後に刊行された、
仙河海シリーズ『ティーンズ・エイジ・ロックンロール』(実業之日本社)
『潮の音、空の青、海の詩』(NHK出版)そして来月6日に刊行予定の
新刊『希望の海 仙河海叙景』(集英社)の3冊を中心に、小説の背景
や裏話を交えながら、熊谷達也さんの気仙沼を存分にお話しいただきます。

仙河海シリーズの4冊を読まれた方はご存知と思いますが、シリーズでは、
それぞれの登場人物や時代背景が、作品ごとに交錯し、絡み合っています。
熊谷さんのお話しによれば、仙河海シリーズ5冊目となる新刊
『希望の海 仙河海叙景』で、これまで刊行された4冊のパズルが嵌まり、
全体像がみえてくるとのこと。

今回は、作家としてのこの5年を振り返りながら、仙河海シリーズに込めた
想いを語っていただきます。

作家自らが気仙沼を舞台にした自作について語る、非常に貴重な機会。
書籍をすでに読まれた方はもちろん、まだ読まれていない方も、
この機会をお見逃しなく、ぜひご参加ください。
(当日は数量限定でサイン本の販売もいたします!)

<開催概要>
■日 時:平成28年3月12日(土)
■開場:18:00 開催:18:30〜20:00
※受付は18:20分までにお願いします。
※カウンターでドリンクを一杯注文してから店内にお入りください。
※18:00から熊谷達也さんのサイン本を数量限定で販売いたします。

■場 所:アンカーコーヒーマザーポート店/気仙沼市館山1-127-1
■参加費:1000円/人
■定 員:25名(先着順)
■講 師:熊谷達也(作家)

(1)趣旨説明(5分)
(2)講師紹介(5分)
(3)熊谷達也さんによる講座(60分)
(4)質疑応答・フリートーク(20分)

■懇親会:20:00から引き続き開催
    (一人4千円程度。)

====================================
<参加申し込み>
minatonogakko@gmail.com

以下内容明記のうえ、
みなとのがっこう事務局までお申込みください。

1.氏名
2.メールアドレス
3.懇親会参加の有無


  


Posted by やまだ@宮城 at 08:18Comments(0)

2016年03月06日

今週も休日さんぽ!


先週に続いて、今週も午前中は近所を散歩!

今日はスターバックスでモーニングをして、
そのままウォーキング。







いつも通らない南部道路沿いを歩いてみました。
目線が違ってなかなかおもしろいですね。

そのままモール&ララガーデンまで歩いて
お買い物と、お好み焼きランチ!



今週も13,000歩で、心地よい疲労感です(^^)v



  

Posted by やまだ@宮城 at 13:29Comments(0)

2016年03月05日

メロウドの唐揚げ


春告魚と呼ばれるメロウドをいただいたので
奥さんに揚げてもらいました。

メロウドは初めて家で食べてみたのですが
サクッと揚げたて超うまいっす!!

丸ごと食べれるのがよいですね!


  

Posted by やまだ@宮城 at 13:13Comments(0)リアルタイム更新

2016年03月04日

女川産ホヤのホヤペチーノ!


Bar OWLさんの平日限定気まぐれランチに
ホヤのペペロンチーノが登場します、というお知らせが
今週水曜日朝のFacebookにアップされたので、
その日は急きょランチの予定を変更してOWLへ!





ホヤの塩焼きそばをホヤキソバとして出してますが
ホヤペチーノ、というネーミングもグー!(^^)b



ホヤもニンニクもゴロっと乗ってます。
ホヤの旨みとニンニクの香りが相性抜群で、
これはもう鉄板の美味しさですよー!!

調理の際に白ワインを多めに使っているとのことで
これはランチだけでなく、夜にも食べたいなぁ~。

この日は喜英さんと一緒にランチを食べたのですが
一枝さんとの話の中で、焼きそばとパスタがあるなら、
次はホヤピラフかホヤキメシだねという話で盛り上がり、
その後、さっそく一枝さんが試作してみたようです。

ホヤピラフを試しに今日のランチで出すみたいなので
これは絶対に行ってみないと!!

ホヤメニューがレギュラー化されると嬉しいですね☆


  


Posted by やまだ@宮城 at 08:00Comments(0)

2016年03月03日

オーミチキン、再び!


昨夜は、Bar OWLさんで麻弓さんが撮影するのを
お手伝いしてからの、Sugar Shack!

先週からスタートした、水曜限定の出張グルメ。
仙台からやってきた近江さんによるオーミチキン!!



クセになる、ハマる美味しさです。
先週からのリピーターが何人もいましたね☆

ご飯付きにもできるので、お酒を飲まずに、
遅めの食事をして帰る人にも嬉しいメニューです。

来週からは何やら、塩ねぎチャーハンが出るかも、、、
ということでより一層楽しみになってきましたね。


  

Posted by やまだ@宮城 at 07:40Comments(0)

2016年03月02日

お試し移住・山崎さんのお見送り!


22日間のお試し移住にトライしていた山崎さんが
昨日、予定期間を満了し、京都に帰られました!



申し合わせたわけではないのですが、
山崎さんの見送りに駆けつけた方々とパシャリ☆

それだけ山崎さんが滞在期間中に、
女川の方々と関係を深めたことの現れですね。


女川は定住人口だけでない、活動人口という考え方を
ベースに施策を組み立てていて、それを具現化した
一つの形がこのお試し移住という取り組みになります。

それもまだお試しのお試しというか、まずはトライアルで
やってみて、その結果を受けてまた改善をしていこう、
ということでやっているのですが、その狙いを体現し、
お試し移住をフル活用してくれたのが山崎さんでしたね。

女川という場と、自分の持っているものを掛け合わせ、
夜営業のBarの空いた時間帯を活用したランチ営業や
Beer Barとコラボした寿司イベントなどなど、
女川の人たちも楽しめるコンテンツを生み出しながら
女川の空間活用の可能性・アイデアを見せてくれました。

また、山崎さんが女川での活動の様子を発信をすることで、
山崎さんきっかけでたくさんの方が女川を訪れてくれました。

さらには、女川で得たものから新しいビジネスアイデアまで
生み出して、その仕掛けまで女川滞在中に。

いやぁ、改めて考えると、本当にすごいですね。

僕らもお試し移住をこういう活用してもらえたら、という
いくつかのイメージはあったのですが、その想定範囲を
見事に大きく超えてくれました。

こういうことがあるから、やってみないと分からないし、
トライアルを小さく早く回すことの価値があるんですよね。


そんな山崎さんはまた夏に来ます!と力強く宣言し、
京都に戻っていきました。

女川との関係値が高い人が女川の外にたくさんいて、
そういう人たちが何回も女川に帰ってきてくれることが
まさに女川が目指す一つの形なんだろうなと思います。

山崎さんの再来を心待ちにしつつ、
山崎さんの成長に負けないように女川ももっともっと
おもしろく変化していけるよう、がんばろう!!



  
タグ :お試し移住


Posted by やまだ@宮城 at 06:01Comments(0)

2016年03月01日

上勝町・大西さん来町!


徳島県上勝町から大西さんが女川に!

昨年10月の四国出張の際に1時間弱ですが、
上勝町で大西さんのお話を聞かせていただいて
この話は女川のみなさんと共有したい!ということで
大西さんをお招きすることができました。





午後は関係者のセミクローズドな勉強会で、
夜はフューチャーセッションとしての2段構成。
大西さんの話をたっぷり聞くことができて大満足!

大西さんは上勝で起業支援の仕事をしながらも、
観察者・研究者的視点でまちづくりを見ていて、
まちおこし潜伏期、成長期、成熟期、衰退期という
ライフサイクルでまちづくりを捉えています。

特に上勝のように、成長期を越えたときに何が起き、
そこからV字回復期やロングセラー期を迎えるために
何をしなければならないかというあたりの話は
これからの女川に非常に参考になる話でしたね。

また、地域の偶発性を高めるか、などなど、
自分としてなんとなく感覚としては持っていたけど
うまく言語化・認知化できていなかったポイントが
多数で本当に大西さんの話を聞けて良かったです。

大西さんにはぜひまた女川に来てほしいですし、
僕らもまた上勝に今度はゆっくり行きたいですね!



  

Posted by やまだ@宮城 at 21:41Comments(0)
アクセスカウンタ
プロフィール
やまだ@宮城
やまだ@宮城
宮城をこよなく愛する35歳です。

◆生まれてからずっと仙台で20数年間育った後、
2年間の気仙沼暮らし、1年間の東京・松戸暮らしを経て、
2008年4月より3年振りに仙台に戻ってきました!

◆08年から3年間、宮城の「食」に関わる仕事を経験し、
13年11月からは、女川町(派遣)で働くことになりました。

◆宮城の人(特に自分 ^^)が、宮城をもっともっと楽しめるように
宮城の魅力を自由に楽しく!発信・発見していけたらよいなと
思っておりますっ。

◆初めての方も、今までご縁の会った方も
どうぞ引き続きよろしくお願いします!!
QRコード
QRCODE
インフォメーション
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 9人
オーナーへメッセージ