2017年03月16日

仙河海シリーズを読書中!


熊谷達也さんが気仙沼をモデルにした
架空の町「仙河海市」を描く小説シリーズ。

昨年発刊になった2冊をまだ読んでなかったので
3月11日を機会に購入して読書中です。



7冊目の「揺らぐ街」と、8冊目の「浜の甚兵衛」。

浜の甚兵衛を一昨日から読んでいるのですが
いやぁ、やはりおもしろいし、すごいです。

単なる小説というだけでなく、気仙沼の産業の
成り立ちや変遷をリアルに学ぶことができるので
貴重な資料と言っても過言ではありません。

寝る前に読んでますが、おもしろくて、
ついつい遅くまで読んで睡眠不足気味です(^^;



  

Posted by やまだ@宮城 at 06:53Comments(0)
アクセスカウンタ
プロフィール
やまだ@宮城
やまだ@宮城
宮城をこよなく愛する35歳です。

◆生まれてからずっと仙台で20数年間育った後、
2年間の気仙沼暮らし、1年間の東京・松戸暮らしを経て、
2008年4月より3年振りに仙台に戻ってきました!

◆08年から3年間、宮城の「食」に関わる仕事を経験し、
13年11月からは、女川町(派遣)で働くことになりました。

◆宮城の人(特に自分 ^^)が、宮城をもっともっと楽しめるように
宮城の魅力を自由に楽しく!発信・発見していけたらよいなと
思っておりますっ。

◆初めての方も、今までご縁の会った方も
どうぞ引き続きよろしくお願いします!!
QRコード
QRCODE
インフォメーション
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 9人
オーナーへメッセージ