2017年09月12日

女川魚市場&定置網水揚げを見学しよう!


先日、女川魚市場の市場食堂をレポートしましたが、
魚市場&定置網水揚げの見学コースをご紹介します!



※(参考)過去記事
 「女川魚市場の『市場食堂』で朝ごはん!」
 ⇒http://yamada.da-te.jp/e984364.html

※(参考)女川町観光協会ブログ
 「女川駅から徒歩15分の『女川魚市場』」
 ⇒http://www.onagawa.org/blog/8289/
  (駅前からのアクセスはこちらをご参考ください)


まずは魚市場内の見学から!

市場食堂も入ってる魚市場の管理棟の2Fには
一般の方向けの見学用デッキが設けられており、
自由に出入りができるようになっているんです。

市場食堂と同様に↓の管理棟の1F入り口もしくは、
立体駐車場からそのまま管理棟3Fに入っていって、
2Fの奥に進むと見学用デッキにつながります。
(ちょうど市場食堂の真下ですね)







ほぼ一方通行なので、絶対迷うことはないのですが、
↑のホヤのイラストを目印にどうぞ☆

矢印どおりに進むと、真っすぐ伸びる見学デッキ!
直線距離で200mくらいあるでしょうか。





右手のガラス越しが入札する会場になっていて、
ここに水揚げされた魚が青いタンクに入って並べられ、
買受人さんたちが時間になると入札を行います。
(女川はセリではなく、入札なんですよー)



ちなみに、左手側の窓を見ると、女川湾が目の前に。
(この日は天気があまりよくなかったのですが、、、)

定置網水揚げは角度的にここからは見れないのですが、
サンマ水揚げシーズンなんかは、正に眼下の岸壁で
水揚げ作業を見ることができます。

ちなみに、見学デッキにはさっきのホヤと同じような
イラストが貼ってあって、これがまた上手いんです。









女川が日本有数の水揚げを誇るサンマとギンザケ。
形状がかなり忠実に描かれているんですよね。
魚のことをよく分かっている人が描いてるんでしょうね。

ちなみに、壁にはTVモニターが設置してあって、
見学者用に魚市場や女川の水揚げなどのことが
タッチパネルでいろいろ学べるようになっているんです。



定置網がどこら辺の漁場に仕掛けられているのかとか、
水揚げの様子が動画でも観ることができたりします。
ここはぜひチェックしてみてくださいね!!


お次は、定置網の水揚げ見学です!





そのときの天候と入船のタイミング次第ではありますが
女川魚市場では年間通して定置網の水揚げがあり、
その水揚げの様子を間近で見ることができるんです。

定置網の水揚げは、最近だと朝7時半~8時くらいに
入船して岸壁で水揚げしていることが多いので、
そのあたりを狙って行くと見れる可能性大です。
(少し早めに7時半くらいに行くのがベターですね)



↑はハマテラスからの風景ですが、最近だと、
正面の白いテントのあたりで水揚げしています。
ハマテラスからは徒歩10分くらいですかね。

細かい場所は分からなくても、人やウミネコが
集まっているところがあればそこ目がけて行けば
大体たどり着けるかと思います(笑)


↓のように接岸した船のカメ(魚倉)に網を入れて、
すくった魚を選別機におろして、ベルトコンベアーで
魚種ごとに人力&機械で選別していきます。















一連の流れを見てるだけで全然飽きませんよ。
かなり近くまで寄って見ることができますが
くれぐれも作業の邪魔にならないように気を付けましょう。
(特に、フォークリフトの動きに注意です)



手前で選別したものを入れているタンクを覗くと
マンボなど珍しい魚が見れることも多々あります☆


船の奥の対岸に見えるのは女川駅前商業エリア。
このアングルからの景色を眺められるというのも
魚市場&水揚げを見に行く利点でもありますね。







定置網の水揚げがある程度終わると入札が始まるので
見学する際の順番的には、定置網の水揚げを見てから、
見学者デッキに移動し、入札の様子を見てから
市場食堂で朝ごはん、というのは理想的な流れかと。

ただし、水揚げの時間は冒頭にも説明したとおり、
天候や海の状況によっても変わってきますし、
さんまの水揚げが入ってきたりとか季節によっても
変わってくるかと思うので、その点ご了承くださいね。

船が女川港に入船してくるときと入札が始まるときは、
町中に聴こえるくらいのサイレンが鳴り響くので
それも参考に動いてもらえるとよいかもしれませんね。


ということで、女川にお泊まりの際には、
朝のアクティビティもぜひ楽しんで行ってくださいね!
来週はエルファロのレポートをするのでお楽しみに!


  


Posted by やまだ@宮城 at 07:04Comments(0)
アクセスカウンタ
プロフィール
やまだ@宮城
やまだ@宮城
宮城をこよなく愛する35歳です。

◆生まれてからずっと仙台で20数年間育った後、
2年間の気仙沼暮らし、1年間の東京・松戸暮らしを経て、
2008年4月より3年振りに仙台に戻ってきました!

◆08年から3年間、宮城の「食」に関わる仕事を経験し、
13年11月からは、女川町(派遣)で働くことになりました。

◆宮城の人(特に自分 ^^)が、宮城をもっともっと楽しめるように
宮城の魅力を自由に楽しく!発信・発見していけたらよいなと
思っておりますっ。

◆初めての方も、今までご縁の会った方も
どうぞ引き続きよろしくお願いします!!
QRコード
QRCODE
インフォメーション
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 9人
オーナーへメッセージ