2019年03月07日

女川チャリティーディナー2019


3月4日に行われた女川チャリティーディナーの
様子を簡単にレポートしたいと思います!!
(一昨年12月に続く第2回として開催)

仙台からスタートし、東京で10店舗を展開する
飲食店グループの株式会社クラシック系列のうち
恵比寿・中目黒の3店舗が会場となりました。

この日の3店舗の売上金が消費税分も含めた全額、
女川の子どもたちの教育のために寄付されるという
なんともすごい企画なんですね。

◎女川チャリティーディナー2019
https://www.facebook.com/events/女川チャリティーディナー2019/2230214523885374/


まずは中目黒の「TAVERN」からスタート!



↓な感じで各店それぞれ女川食材を使ったメニューが
提供されているというのも楽しみの一つです。







とりあえず一店目ということで軽めに2品。
女川産タラの串焼きとバージンオイスターBBQ。
当たり前だけど、どっちも旨い!!

バージンオイスターは生後1年未満の牡蠣という
他にない差別化を図っているブランド牡蠣で、
尾浦の千葉さんによって養殖されています。


お次の2点目は「101TOKYO」(ワンオーワン)。







チャリティーイベントのチラシがとっても素敵で
店内の装飾もいい感じになってました。

そして、こちらはクラフトビールが売りということで
東京だけど、女川ホップペールを頼んじゃいます!











フードは、メヒカリのセモリナ粉揚げ、
メカブのゆで上げエシャロットソース、
三浦さんのセリのサラダ、ホヤタコス。

どれもシンプルだけに素材の良さが際立ち、
それでいて、味付けも特徴出ててよかった!



店内では牡蠣養殖やガル屋の様子だったりが
流れているという素敵な演出もありましたね。
(撮影は磯部さん、さすが何でも屋! ^^)


最後の3店目は、「ALMA」!



最初からずっと満席状態という賑わいで
ずっと外でスタンディングだったので
料理のほうはほとんど食べれませんでした~。
でも、盛況なのは本当に何よりでしたね。

そして、こちらでは萱場社長のあいさつと、
女川とクラシックをつないだ張本人の磯部さんが
女川を代表してのあいさつもありました。







議会開会中で駆け付けられなかった町長からの
ビデオメッセージの上映もありました。

ということで、どこのお店も夕方から閉店まで、
ずっとたくさん人が集っていて今回も大成功。
クラシックさんには本当に感謝感謝ですね。

今回のチャリティイベントの開催報告は、
クラシックさんのHPで本日アップ予定とのことで
ぜひチェックしてみていただければ嬉しいです!
https://classic-inc.jp/






Posted by やまだ@宮城 at 06:49│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

アクセスカウンタ
プロフィール
やまだ@宮城
やまだ@宮城
宮城をこよなく愛する35歳です。

◆生まれてからずっと仙台で20数年間育った後、
2年間の気仙沼暮らし、1年間の東京・松戸暮らしを経て、
2008年4月より3年振りに仙台に戻ってきました!

◆08年から3年間、宮城の「食」に関わる仕事を経験し、
13年11月からは、女川町(派遣)で働くことになりました。

◆宮城の人(特に自分 ^^)が、宮城をもっともっと楽しめるように
宮城の魅力を自由に楽しく!発信・発見していけたらよいなと
思っておりますっ。

◆初めての方も、今までご縁の会った方も
どうぞ引き続きよろしくお願いします!!
QRコード
QRCODE
インフォメーション
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 9人
オーナーへメッセージ
削除
女川チャリティーディナー2019
    コメント(0)