2009年11月08日

ふくしま餃子「餃子の照井」


昨日は中途半端な投稿でしたので、改めて(^^;


福島市街・飯坂温泉のご当地グルメとして
最近売り出し中の「ふくしま餃子」を初体験してきました!

◎ふくしま餃子の会オフィシャルマップ
 http://blogs.yahoo.co.jp/asakiyo1973/18216050.html
 ※マップの画像ありますが、見づらい。。。

ネットに公式の情報があまり載っていないので
↓のブログなどに詳しいのでご参照ください。
http://blog.kahoku.co.jp/shokuweb/logu/2008/07/post-20.html


昨日はお昼時に行ったのですが
上にも書いてあるとおり、ふくしま餃子は夜がメイン。
お昼に食べれるお店はほとんどないんだそうです。
(その点、気仙沼ホルモンに近いですね ^^;)

その中でも、数少ない食べるお店がこちらっ!

ふくしま餃子「餃子の照井」

「餃子の照井 昼の支店」さんです。
http://www.gyouza-terui.com/

本店は飯坂温泉なのですが、そちらは夜のみで、
福島市内の支店でお昼に食べれるんです。


餃子は、一皿22個が基本です。(半皿11個もあり)

そして、大きな特徴としては、この円盤餃子!!

ふくしま餃子「餃子の照井」

さすが、ドーン!と迫力がありますねー!!

皮は薄めで、油で揚げたようにカリっと焼けています。
照井の餃子は、酢+醤油でなく、独自のタレで食べます。

肉よりもキャベツの分量の方が多いからか、
あっさりとした味で、いくらでも食べれそうな美味しさ♪

ついつい、パクパクと一気に食べてしまいましたっ。
ご飯にも合いますが、これはやはりビールにも、、、(^^


今度はぜひ夜に来て、食べ歩きしてみたいですね☆





 あなたへのお薦め記事
同じカテゴリー(福島県)の記事画像
ふくしま餃子「川鳥」
創業嘉永5年の老舗「柏屋」
楽篆工房で漢字の由来を知る
同じカテゴリー(福島県)の記事
 ふくしま餃子「川鳥」 (2010-05-03 20:28)
 創業嘉永5年の老舗「柏屋」 (2010-04-05 06:27)
 楽篆工房で漢字の由来を知る (2009-02-01 09:59)

Posted by やまだ@宮城 at 18:39│Comments(0)福島県
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

アクセスカウンタ
プロフィール
やまだ@宮城
やまだ@宮城
宮城をこよなく愛する35歳です。

◆生まれてからずっと仙台で20数年間育った後、
2年間の気仙沼暮らし、1年間の東京・松戸暮らしを経て、
2008年4月より3年振りに仙台に戻ってきました!

◆08年から3年間、宮城の「食」に関わる仕事を経験し、
13年11月からは、女川町(派遣)で働くことになりました。

◆宮城の人(特に自分 ^^)が、宮城をもっともっと楽しめるように
宮城の魅力を自由に楽しく!発信・発見していけたらよいなと
思っておりますっ。

◆初めての方も、今までご縁の会った方も
どうぞ引き続きよろしくお願いします!!
QRコード
QRCODE
インフォメーション
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 9人
オーナーへメッセージ
削除
ふくしま餃子「餃子の照井」
    コメント(0)