2010年01月28日

しんさんと行く、三陸・気仙沼の旬わかめ


先週末の話の続きです(3つめ)。

唐桑ランチ、八木澤商店さん訪問の翌日に
アンカーコーヒー・やっちさんとお伊勢浜に向かい、
朝に仙台を出てきた「しん」さんと現地合流です。

※しんさんは、僕が仙台でお気に入りのお店の店主さん。
 http://yamada.da-te.jp/tag%E3%81%97%E3%82%93



45号線からお伊勢浜方面に折れて車で数分、
海の景色が素晴らしいスポットがたくさんあります。


さて、今回のお目当てはこちら!



じゃーん!

何か分かりますか??


では、少しずつ寄ってみます。。。





そう!わかめです。若芽!!

三陸・気仙沼のワカメといえば、有名なのに
意外と生で食べる機会って少ないですよね??

だから、まずは旬の生ワカメを現地に見に行こう、
ということで今回気仙沼に集まったんです。


湾のあたりでは、↓なカンジで作業中。



朝採ってきたワカメを不要部分を取り除き、
くみ上げた海水で湯通しして、お湯からあげ、
あとは、塩を入れてグルグル回転。

そうやって塩蔵ワカメを作っています。
こういうのも、以前気仙沼にいたのに初めて見ましたね。


ほほう。。と眺める二人。



この日が初対面のやっちさんとしんさんです☆


そして、今回、ワカメを見せていただいたのが、この方!



若きワカメ生産者である藤田商店の藤田さんです。
藤田商店さんは、生産者でありながら、ワカメをはじめとする
海産物の直売や、海の家経営、観光客向けの地引網など
消費者と直接つながる、色んなお仕事をされているんです。

◎藤田商店
 http://www.fujita-uminosachi.com/index.html


で、実はここですごい偶然がありましたっ!

今回は、僕の大学の友人みほちゃんを通じて
藤田さんを紹介してもらったのですが、

なんと、しんさんと藤田さんは以前同じお店で
働いていたことがあったんですっ!!!
(その事実は事前のやり取りで判明)


この偶然、すごくないですか?
僕はめっちゃドキドキしましたよ〜(^^;
あるんですよね、こういうのって。ご縁を感じますねぇ。



ということで、実は10年ぶりで再開の二人です☆


藤田さんから、ワカメのことを色々と教えていただきました。



そもそもワカメといっても色んな種類があること、
内湾や外洋ではワカメの質が違うこと、
部位によって葉の美味しさも違うことなどなど。

いやぁ、知らないことばっかりで非常に勉強になりました。


また、藤田さんがその場で、



茹でたてのメカブを食べさせてくださいました。


すんごいキレイな緑ですよね!?







すんごい粘り気があって、美味しいんです、これが。
普通は刻んで冷やしたものしか食べたことないので
これは新鮮な驚きでしたね〜。


その後、すぐ近くの加工場に移動し、





塩蔵したワカメの水分を搾る機械も見せていただきました。
こういうのが袋に入って通常売られているんですね。


ということで、今後、しんさんのお店で
藤田さんのワカメが食べれるようになりますよ!
(いや、実はもう今週からメニューに入ってるのですが ^^;)





ワカメだけでなく、ふのりやマツモ、その他気仙沼の海の幸が
メニューに加わるかもしれませんので、どうぞお楽しみに☆






Posted by やまだ@宮城 at 06:33│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

アクセスカウンタ
プロフィール
やまだ@宮城
やまだ@宮城
宮城をこよなく愛する35歳です。

◆生まれてからずっと仙台で20数年間育った後、
2年間の気仙沼暮らし、1年間の東京・松戸暮らしを経て、
2008年4月より3年振りに仙台に戻ってきました!

◆08年から3年間、宮城の「食」に関わる仕事を経験し、
13年11月からは、女川町(派遣)で働くことになりました。

◆宮城の人(特に自分 ^^)が、宮城をもっともっと楽しめるように
宮城の魅力を自由に楽しく!発信・発見していけたらよいなと
思っておりますっ。

◆初めての方も、今までご縁の会った方も
どうぞ引き続きよろしくお願いします!!
QRコード
QRCODE
インフォメーション
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 9人
オーナーへメッセージ
削除
しんさんと行く、三陸・気仙沼の旬わかめ
    コメント(0)