2010年02月24日

プチ湯治体験③(湯治棟で自炊)


日々書きたいネタがどんどん出てくるもので
書き忘れてしまっているのがいくつもあるんですよね~。


ということで!

先月末の東鳴子・大沼旅館さんに2泊3日の
プチ湯治体験で泊まりに行ったときのレポートが
あと一つ残っていたので、アップしておきます!!


前の記事は↓をご覧ください。

◎東鳴子・プチ湯治体験レポ
 http://yamada.da-te.jp/e287790.html (一汁三菜プラン)
 http://yamada.da-te.jp/e288420.html (山荘で波動スピーカー)
 http://yamada.da-te.jp/e288743.html (鳴子味庵で野菜ランチ)


さて、では続きです(^^;

2日目の夜は、せっかくプチ湯治だから自炊をしよう、
ということで、料理は頼まず自分で作ることにしました。

買出しは、岩出山の「あ・ら・伊達な道の駅」へ。
ちょっと遠そうなイメージあったのですが、意外に近く
車で10分ちょっと走れば着いちゃいます。

そこで、野菜・キノコ類を買い、あと肉系はないので
それは鳴子のウジエスーパーで調達しました。


で、大沼旅館に戻り、17時くらいから作り始めます。
湯治棟の自炊場は↓なカンジです。

プチ湯治体験③(湯治棟で自炊)

まさしく湯治場ってカンジがしますよね!?
ガスコンロがいい雰囲気を出してます☆


ナベ・食器類は↓の棚の中に一通り入っています。

プチ湯治体験③(湯治棟で自炊)

自分で準備してこなくていいのは楽チンですね。


野菜を切りながら、ビールも一杯飲んでみたり☆

プチ湯治体験③(湯治棟で自炊)

こういうのも、湯治・自炊ならではの楽しみということで、、、(^^


この日のメニューは、お鍋(水炊き)。

プチ湯治体験③(湯治棟で自炊)

岩出山で買った、マイタケや春菊を中心に。
切ってざっと煮るだけなので、あっという間に終わります。


お鍋で使うゆずポン酢は、もちろん地場産です。

プチ湯治体験③(湯治棟で自炊)

いつもの玉松味噌醤油のゆずポン酢が切れていたので
みやぎ生協のPBで出しているゆずポン酢しょうゆを持ってきました。
(でも、これもちゃんと玉松さんが作っているんです)

いやぁ、やっぱり鍋は美味しいですね☆
冬の湯治宿での食事にもあっている気がします(^^

ただ、ガスコンロはなかったので、新たなに材料を入れて
煮るときに何度か部屋と炊事場の間を往復しました。

これは自分の家から持っていけばよかったですね。
湯治で自炊するときは事前に確認すべきポイントかも。


あと、大沼旅館さんでは、自炊をするときに
ご飯とみそ汁だけは事前に頼めば有料で用意してもらえます。

ご飯を炊くのが面倒な場合は嬉しいサービスですね。

プチ湯治体験③(湯治棟で自炊)

この日は、鳴子産・ゆきむすび。
しかも、目の前で炊きたてを食べれるのを出してくれました。


これも10分くらいで炊き上がっちゃうんですよねー。

プチ湯治体験③(湯治棟で自炊)

プチ湯治体験③(湯治棟で自炊)

ふっくらつややか、美味しいお米でした!!
(大沼旅館さん自家製の南蛮味噌とともに☆)


ということで、前日の一汁三菜もよかったですが
地場食材を使っての自炊も良いですね。

2泊3日ならば、両方楽しめるのでオススメですよ!(^^)b
金曜の夜から入れば週末だけで体験できるので
ぜひ一度試してみてください。


あ、ちなみに翌朝は、同じく用意してもらったご飯・みそ汁に、
岩出山納豆と、鳴子・ラジウム卵で朝食でした。

プチ湯治体験③(湯治棟で自炊)

これでも十分すぎるくらいの朝食ですね☆





 あなたへのお薦め記事

Posted by やまだ@宮城 at 06:32│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

アクセスカウンタ
プロフィール
やまだ@宮城
やまだ@宮城
宮城をこよなく愛する35歳です。

◆生まれてからずっと仙台で20数年間育った後、
2年間の気仙沼暮らし、1年間の東京・松戸暮らしを経て、
2008年4月より3年振りに仙台に戻ってきました!

◆08年から3年間、宮城の「食」に関わる仕事を経験し、
13年11月からは、女川町(派遣)で働くことになりました。

◆宮城の人(特に自分 ^^)が、宮城をもっともっと楽しめるように
宮城の魅力を自由に楽しく!発信・発見していけたらよいなと
思っておりますっ。

◆初めての方も、今までご縁の会った方も
どうぞ引き続きよろしくお願いします!!
QRコード
QRCODE
インフォメーション
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 9人
オーナーへメッセージ
削除
プチ湯治体験③(湯治棟で自炊)
    コメント(0)