2010年03月24日

せり(食材)を楽しむという価値


昨夜はファイブブリッジの定例ミーティングが
なくなったので、夜は職場で残業をしてました。

あまり職場で夜食を食べることはないのですが
昨日はお腹がすいたので、久々に食堂へ。。。


そしたら、なーんと、
「せりそば」があるじゃないですかー。



意外とやりますねー。
ついつい嬉しくなって頼んでしまいました(^^
カツカレーミニ丼とセットで450円なり☆

ん〜、せり独特の香り・味わい、たまりませんっ!!
なんてことないそばですが、十分に美味しかったです。


いやぁ、思えばホントにこの4ヶ月くらいの間で
すっかり「せり」好きになってしまいました。

これまでは、せりという食材自体やその旬の時期を
そんなに意識することはなかったんですけどね。
(宮城が全国的な産地ということも知らず。。。)


サンワレストランクリエイツ・真壁さんの話&ブログで
せりの生産現場の様子や、根っこの意味を知り、
http://blog.livedoor.jp/srcblog/archives/51263517.html

しんさん、おおみ矢さん、蔵の庄さん、いな穂さんなどで
せりを美味しく食べる機会をたくさん持つことができたので
すっかり自分の中での認識が変わってしまいましたね。

◎しんさん
 http://yamada.da-te.jp/e265634.html

◎おおみ矢さん
 http://yamada.da-te.jp/e249288.html

◎蔵の庄さん
 http://yamada.da-te.jp/e261732.html

◎いな穂さん
 http://yamada.da-te.jp/e306708.html


おかげで、自分の中に、宮城の旬のせりを味わう、
という大きな楽しみが一つ増えました。

これこそが食材の意味を伝えてもらいながら
美味しく食べることで、その食材の主観的な価値が高まる、
ということではないかなと改めて感じました。


2月に旬のわかめの会をやったのも、
まさにそういうことをやってみたかったんですよね。
http://yamada.da-te.jp/e298041.html

そんなことを、せりそばを食べながら改めて思ったのでした(^^

今後も自分の中に、「せり」や「わかめ」に続くような
宮城の食材を発見・発信していきたいですね。
(せりも、もっと掘り下げたいです!)





Posted by やまだ@宮城 at 06:33│Comments(2)
この記事へのコメント
感謝!!
Posted by 三浦隆弘@名取。 at 2010年03月24日 09:02
三浦隆弘さん、

こちらこそ、いつも美味しいせりに感謝です☆
来シーズンはもし機会あればぜひ生産の現場も
見せていただけたら嬉しいですね~。

色々教えてくださいっ。
Posted by やまだ@宮城 at 2010年03月28日 22:40
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

アクセスカウンタ
プロフィール
やまだ@宮城
やまだ@宮城
宮城をこよなく愛する35歳です。

◆生まれてからずっと仙台で20数年間育った後、
2年間の気仙沼暮らし、1年間の東京・松戸暮らしを経て、
2008年4月より3年振りに仙台に戻ってきました!

◆08年から3年間、宮城の「食」に関わる仕事を経験し、
13年11月からは、女川町(派遣)で働くことになりました。

◆宮城の人(特に自分 ^^)が、宮城をもっともっと楽しめるように
宮城の魅力を自由に楽しく!発信・発見していけたらよいなと
思っておりますっ。

◆初めての方も、今までご縁の会った方も
どうぞ引き続きよろしくお願いします!!
QRコード
QRCODE
インフォメーション
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 9人
オーナーへメッセージ
削除
せり(食材)を楽しむという価値
    コメント(2)