2010年05月03日

ふくしま餃子「川鳥」


昨日は珍しく、福島市で飲み会がありました。

待ち合わせまで時間が少しあったので
適当に駅前の飲み屋街をぶらぶらと歩いていたら
なんと、ふくしま餃子のお店を発見っ!!

以前も一度レポしたのですが
福島は「餃子」をご当地グルメとして売り出そう
としているんですよね。

◎過去記事(ふくしま餃子「餃子の照井」)
 http://yamada.da-te.jp/e253476.html


やはりこれは見逃せないな、ということで
暖簾をくぐってみました(^^



今回行ってみたのは、こちら。川鳥さんです。
地元ではけっこう有名なお店の一つのようですね。

◎川鳥(食べログ)
 http://r.tabelog.com/fukushima/A0701/A070101/7000022/


店内は、カウンター席が6席ほどに
奥座敷がけっこう広くて、数テーブル分くらい、
その他、2階席もありました。

僕が来店したのは18時くらいでしたが
そのときにはすでにほぼ店内満員状態でした。
(やっぱり人気店なんですねー)


とりあえず焼き餃子を一人前注文。



小さい鉄のフライパンに餃子を円盤状に
びっしりと並べ、油をたっぷり使って焼いていきます。

あの油の使い方を見ると「焼く」というよりは、
やはり「揚げる」という方が合ってますね。


こちらの餃子のたれは配合されたものが出てきます。



ちらっと舐めてみましたが、
ラー油が独特ですっごく美味しかったですね。


さぁ、出来上がりました!!これがふくしま餃子ですっ!!



一番スタンダードといえる円盤餃子ですね。


カリっと揚げてあって、サクサクと食べれます。
(一人前が20個で1000円です)



ニンニクが効いてあって、具は細かく刻んであり
中身はよく分からなかったなぁ。何が入ってたんだろう?
(蜂屋さんにぜひ食べてみてほしいです ^^)

でも、ふくしま餃子のオリジナル感があって美味しいですよ☆
昨日は時間なかったですが水餃子も食べてみたかったなぁ。

こうなると、他の餃子店も行って食べ比べてみたいですね!

食べ歩くとなると、やっぱり3~4人くらいは必要ですね(^^;
もしくは10個の半人前サイズとかあるといいなぁ。





同じカテゴリー(福島県)の記事画像
創業嘉永5年の老舗「柏屋」
ふくしま餃子「餃子の照井」
楽篆工房で漢字の由来を知る
同じカテゴリー(福島県)の記事
 創業嘉永5年の老舗「柏屋」 (2010-04-05 06:27)
 ふくしま餃子「餃子の照井」 (2009-11-08 18:39)
 楽篆工房で漢字の由来を知る (2009-02-01 09:59)

Posted by やまだ@宮城 at 20:28│Comments(0)福島県
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

アクセスカウンタ
プロフィール
やまだ@宮城
やまだ@宮城
宮城をこよなく愛する35歳です。

◆生まれてからずっと仙台で20数年間育った後、
2年間の気仙沼暮らし、1年間の東京・松戸暮らしを経て、
2008年4月より3年振りに仙台に戻ってきました!

◆08年から3年間、宮城の「食」に関わる仕事を経験し、
13年11月からは、女川町(派遣)で働くことになりました。

◆宮城の人(特に自分 ^^)が、宮城をもっともっと楽しめるように
宮城の魅力を自由に楽しく!発信・発見していけたらよいなと
思っておりますっ。

◆初めての方も、今までご縁の会った方も
どうぞ引き続きよろしくお願いします!!
QRコード
QRCODE
インフォメーション
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 9人
オーナーへメッセージ
削除
ふくしま餃子「川鳥」
    コメント(0)