2010年06月07日

「蔵王“食・ひと”回廊ツアー」レポ(その⑥)


5月29~30日の1泊2日で行われた
蔵王“食・ひと”回廊ツアーのレポート第6弾です!

※レポ第5弾はこちら
 http://yamada.da-te.jp/e336575.html


二日目のお昼は、行程のメインの一つ、
蔵王食材を使ったバーベキューランチです!!

「蔵王“食・ひと”回廊ツアー」レポ(その⑥)

ひらきゅうさんの直売所のビニールハウスに着くと
アトリエデリスの佐々木シェフをはじめとした
森の回廊のメンバーがすでに準備をしてくれてました!!


まずは、佐々木シェフから作業の説明です。

「蔵王“食・ひと”回廊ツアー」レポ(その⑥)

「蔵王“食・ひと”回廊ツアー」レポ(その⑥)

ただ食べるだけじゃなくて、手を動かしてみましょうね、と。


最初はお米の研ぎ方講座からスタート。

お米は竹鶏ファームさんが契約栽培で作っている
かぐや姫という品種のお米を使いました。

「蔵王“食・ひと”回廊ツアー」レポ(その⑥)

佐々木シェフがお寿司やさんに通って教えてもらったという
お米の研ぎ方を披露していただきましたよ!


お次は、ニジマスの包み焼きの準備に入ります。

みんな手際よく手伝ったので、着々と出来上がりました。

「蔵王“食・ひと”回廊ツアー」レポ(その⑥)

「蔵王“食・ひと”回廊ツアー」レポ(その⑥)

「蔵王“食・ひと”回廊ツアー」レポ(その⑥)

もちろんここでは平間さんのハーブを使いますよ!!
隣のハウスから持ってきたローズマリーとタイムを
ふんだんに散らしていきますっ。


最後は、アルミで包んで準備完了。
包むといえば、の蜂屋さんが活躍されてましたね(^^)v

「蔵王“食・ひと”回廊ツアー」レポ(その⑥)

あとは鉄板に火をかけてしばらく待つと、、、


このように美味しそうに完成です!!

「蔵王“食・ひと”回廊ツアー」レポ(その⑥)

「蔵王“食・ひと”回廊ツアー」レポ(その⑥)

非常に迫力がありますね~。
いやぁ、これぞバーベキューってカンジですっ。


こちらは、竹鶏さんの鶏肉と、平間さんのハーブを
コラボさせたつくね焼き。

「蔵王“食・ひと”回廊ツアー」レポ(その⑥)

「蔵王“食・ひと”回廊ツアー」レポ(その⑥)

「蔵王“食・ひと”回廊ツアー」レポ(その⑥)

一気に焼き上げて、特製のてり焼きソースをかけて食べます。
いやぁ、これ美味しかったなぁ。。。


このつくねはそのまま食べてもいいですが、

「蔵王“食・ひと”回廊ツアー」レポ(その⑥)

このように、佐々木シェフ手作りのバジルパンに
はさんで食べてもOK。なんかいくらでも食べれそうです(^^


みなさん立ちながら、美味しそうに食べています☆

「蔵王“食・ひと”回廊ツアー」レポ(その⑥)

ハウスの中でのバーベキューというのもいいですね。
(きっと夏は大変でしょうけど、、、)


さらには、蔵王の豚を使ったスペアリブなんかも登場。

「蔵王“食・ひと”回廊ツアー」レポ(その⑥)

「蔵王“食・ひと”回廊ツアー」レポ(その⑥)

これもソースがまた絶品でたまらなかったですね(><)


あとは、蔵王といえば、のベルツのソーセージ!

「蔵王“食・ひと”回廊ツアー」レポ(その⑥)

若旦那・竹内さんが自ら焼いてくださいましたっ。


ある程度作業が終了したところで
落ち着いて座って食べながらの懇親交流会へ!

「蔵王“食・ひと”回廊ツアー」レポ(その⑥)

「蔵王“食・ひと”回廊ツアー」レポ(その⑥)

「蔵王“食・ひと”回廊ツアー」レポ(その⑥)

日本酒も、しんさんより紹介してもらいました。

この日は、日輪田を持っていきました。
蔵王の恵みをみんなで輪になっていただこう、
という趣旨にまさにぴったりのお酒ですね(^^


あとは、前日の夜に引き続いての深い食談義が続きます。
これだけの食のプロが集っての話はなかなかありませんね。

「蔵王“食・ひと”回廊ツアー」レポ(その⑥)

特に蔵王のみなさんはアツい志と骨太な哲学を持った方ばかりで
その話や問いかけに深く考えさせられましたね。

ということで、時間を大幅におしてバーベキューは終了しました。


※書ききれなかったところは、平間さんのブログをどうぞ(^^
 http://hirakyu.exblog.jp/11235167/


お腹いっぱいのところで最後はデザートのイチゴ狩りです!

「蔵王“食・ひと”回廊ツアー」レポ(その⑥)

佐々木シェフが好んで使っているという、佐藤さんのところの
イチゴを見せてもらいました。


イチゴの出荷をこの日で終了させたということで
あとは、好きなだけとってよいよ、との嬉しいお言葉!

「蔵王“食・ひと”回廊ツアー」レポ(その⑥)

みんな各ハウスに散って、思う存分とってましたね(^^;


品種はとちおとめに、もういっこ。
モグモグと食べ比べながらイチゴ狩りできました。

「蔵王“食・ひと”回廊ツアー」レポ(その⑥)

「蔵王“食・ひと”回廊ツアー」レポ(その⑥)

本当に新鮮なイチゴってこんなにツヤがあるのかと
びっくりしましたね~。


ということで、このくらい取らせてもらいました。

「蔵王“食・ひと”回廊ツアー」レポ(その⑥)

いいお土産もできて、大満足です。


ただ、イチゴ狩りをするだけじゃなくて
佐藤さんから、イチゴ農家のお話も直接聞くことができて
非常に勉強になりました。

とちおとめはかなり美味しくできているのに
来年から蔵王という一つ産地としてアピールするために
もういっこだけを生産することになるんだそうです。

一概には言えない、なかなか難しい問題ですよね。

※詳しくは、平間さんのブログもご覧ください。
 http://hirakyu.exblog.jp/11235354/

平間さんも↑で書いているように、佐藤さんの美味しいイチゴ、
としてアピールして買えるような体制があるといいんですけどね。


ということで、蔵王ツアーの全行程は終了。
あとは、久保さんにペンションのマイクロバスで送ってもらい
仙台への帰路に着いたのでした。

いやぁ、これだけの内容満載の2日間。
蔵王の食・人・地域の魅力を存分に体験させてもらいましたね。
蔵王のみなさん、本当にどうもありがとうございました!

詳しいまとめはまた改めて書きたいと思いますっ。





 あなたへのお薦め記事

Posted by やまだ@宮城 at 06:58│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

アクセスカウンタ
プロフィール
やまだ@宮城
やまだ@宮城
宮城をこよなく愛する35歳です。

◆生まれてからずっと仙台で20数年間育った後、
2年間の気仙沼暮らし、1年間の東京・松戸暮らしを経て、
2008年4月より3年振りに仙台に戻ってきました!

◆08年から3年間、宮城の「食」に関わる仕事を経験し、
13年11月からは、女川町(派遣)で働くことになりました。

◆宮城の人(特に自分 ^^)が、宮城をもっともっと楽しめるように
宮城の魅力を自由に楽しく!発信・発見していけたらよいなと
思っておりますっ。

◆初めての方も、今までご縁の会った方も
どうぞ引き続きよろしくお願いします!!
QRコード
QRCODE
インフォメーション
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 9人
オーナーへメッセージ
削除
「蔵王“食・ひと”回廊ツアー」レポ(その⑥)
    コメント(0)