2011年04月12日

長崎からの支援の仕組み


昨日は、ファイブブリッジに長崎からわざわざ
ゲストの方がいらっしゃいました。

手作り職人のアンテナショップ「心風」を経営する一ノ瀬さん。
http://shinpu.alt-nagasaki.jp/index.html
(支援物資呼びかけの記事⇒コチラ


今回の震災に対して、宮城に救援物資を、ということで
カステラの文明堂さんからカステラ1200箱を提供いただいたり
その他、支援要望のあった物資の提供を呼びかけたりして
トラック1台を13日着で宮城まで走らせてくれるのだそうです。



しかも、今回の支援の仕組みがおもしろいのは、
その支援物資を運んだトラックの帰りの便に
宮城の産品を積んで帰る、ということなんです。

それを長崎で、宮城の復興応援セールということで販売し、
その利益分をさらに義援金として振り込むとのこと。

いやぁ、なるほど、実にシンプルで興味深い取組です。
長崎の方にそこまで考えてやっていただけるなんて
本当にありがたい限りですね。


で、これは今回が初回ですが、1回で終わらせず、
継続して続けられる事業モデルにするにはどうすればいいか、
ということで、集まったみんなでディスカッションしました。
(物流にかかるコストや販売リスクをどうクリアするか、など)



この仕組みがうまく出来上がれば、宮城のアンテナショップが
長崎にできる、くらいのインパクトがありますよね。

意外と長崎にも一ノ瀬さんのつながりで、
宮城出身・仙台出身という方がいらっしゃるそうなので
こういう取組を通じて、長崎県の宮城県人コミュニティが
生まれたりすると、なお素晴らしいなぁと思います。


まずは、今回1回目をやって、販売まで終了したあとに
事業の総括を行うそうなので、その結果をもとに
何かお手伝いできることを引き続き考えてみたいですね。





Posted by やまだ@宮城 at 06:52│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

アクセスカウンタ
プロフィール
やまだ@宮城
やまだ@宮城
宮城をこよなく愛する35歳です。

◆生まれてからずっと仙台で20数年間育った後、
2年間の気仙沼暮らし、1年間の東京・松戸暮らしを経て、
2008年4月より3年振りに仙台に戻ってきました!

◆08年から3年間、宮城の「食」に関わる仕事を経験し、
13年11月からは、女川町(派遣)で働くことになりました。

◆宮城の人(特に自分 ^^)が、宮城をもっともっと楽しめるように
宮城の魅力を自由に楽しく!発信・発見していけたらよいなと
思っておりますっ。

◆初めての方も、今までご縁の会った方も
どうぞ引き続きよろしくお願いします!!
QRコード
QRCODE
インフォメーション
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 9人
オーナーへメッセージ
削除
長崎からの支援の仕組み
    コメント(0)