2012年08月14日

第20回宮城のこせがれネットワーク


昨日はファイイブブリッジのビジネスマンデー。

第2週は、「宮城のこせがれネットワーク」として、
農業をはじめとする宮城の「こせがれ」のネットワークづくりと
それを応援する人たちのコミュニティづくりにつながるような
アクションプランを考える会として開催しています

※以前の開催はこんなカンジ
 http://yamada.da-te.jp/e493690.html
 (6、7月は参加できなくてごめんなさい ^^;)


昨夜はお盆にも関わらず13名のご参加をいただきました。



20回目という区切りの回だから、というわけではありませんが
今回から、進行は畠山さん中心でなく、代表である竜生くんに
完全にお任せをすることとなりました。

まだ竜生くんも色々と慣れてないところが多いですが
そんな竜生くんがだんだんと仕切りが上手くなっていく様子を
見るのも、宮城のこせがれネットワークに来る楽しみとして
お考えいただけると良いかと思います(^^



でも、昨夜は、その正面に畠山さんとオッサンの佐々木さん
という濃い2人が座してたので、やりづらかっただろうな~(^^;


流れとしては、前半は参加者それぞれの自己紹介を行います。





いざなみの堀さん、新井さんからは、新たに開発中の
セミドライトマトを持ち込んでいただきました。
サラミっぽい見た目どおり、完全におつまみで美味しかったです☆


宮城のこせがれネットワークの強力な応援団・りえさんからは、
りえさんが以前お会いした他県のこせがれ(果物屋さん)が
取り組んでいた商品を差し入れいただきました。



りえさんがどこに響いたのかというエピソードとともに、
だったので非常に興味深く参考になりましたね。


後半戦は、最近の動きの報告を中心に。



7月末に行った県北こせがれ合宿&農家の家庭訪問、
また、先日のイツフェスに出店したこせがれマルシェなどの
様子を竜生くんや参加した方々からお話いただき、

それを受けて、こせがれネットワークとして、
どのように今後アクションしていけばよいかということを
ディスカッションしていきました。

農家の家庭訪問のように、現場を訪ねる機会は
もっと多くつくっていければいいのですが
それを定例なイベントとして実施・定着していくには
どうすればよいか、、、というのがまだ一つ課題ですね。

まぁ、そんな話を色々と。。。


また、最後の方には、石巻津田水産の津田夫妻が登場!



最近、石巻で毎日市場に出ている津田くんならではの
現場の話はやっぱり興味深いですね。
そして、相変わらず夫婦仲良い様子で微笑ましかったです(^^


ということで、今回の宮城のこせがれネットワークのレポートでした。
来月も、第二月曜の9月10日開催予定となっていますので
宮城のこれからを担うこせがれや、そんなこせがれたちを応援したい、
という皆さんはぜひぜひご参加くださいね☆


そうそう、関連して新しいトピックですが、
今回から、この宮城のこせがれネットワークに合わせて
会場内でプチマルシェを実施することになりました。



せっかく月一の定例会ですから、それに合わせて
習慣的に商品を購入できるというのは良いアイデアですね。

竹鶏ファームさんだけでなく、他の方も持ってきてくれると
さらに盛り上がりそうです(^^


Posted by やまだ@宮城 at 07:05│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

アクセスカウンタ
プロフィール
やまだ@宮城
やまだ@宮城
宮城をこよなく愛する35歳です。

◆生まれてからずっと仙台で20数年間育った後、
2年間の気仙沼暮らし、1年間の東京・松戸暮らしを経て、
2008年4月より3年振りに仙台に戻ってきました!

◆08年から3年間、宮城の「食」に関わる仕事を経験し、
13年11月からは、女川町(派遣)で働くことになりました。

◆宮城の人(特に自分 ^^)が、宮城をもっともっと楽しめるように
宮城の魅力を自由に楽しく!発信・発見していけたらよいなと
思っておりますっ。

◆初めての方も、今までご縁の会った方も
どうぞ引き続きよろしくお願いします!!
QRコード
QRCODE
インフォメーション
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 9人
オーナーへメッセージ
削除
第20回宮城のこせがれネットワーク
    コメント(0)