2013年04月23日

第42回東北ビジネス未来塾


昨夜はファイブブリッジのビジネスマンデー。

第4月曜は東北ビジネス未来塾として、
ミライトス・鈴木さんにコーディネートしていただいてます。
(竹井⇒松村⇒鈴木 と引き継がれて3期目に入っています)

東北ビジネス未来塾は基本的に2部構成で、
第1部は、参加者同士の自己紹介&近況報告タイム。
第2部は、主に参加者の中からスピーカーを設定し、
その人の持っているテーマから話をしてもらうスタイルです。

※前回開催の様子はこちら
 http://yamada.da-te.jp/e550505.html


第1部は、鈴木圭介さんの絶妙に話の腰を折りながらも
場を和ませる(?)進行で自己紹介が進んでいきます(^^

第42回東北ビジネス未来塾

第42回東北ビジネス未来塾

第42回東北ビジネス未来塾

第42回東北ビジネス未来塾

昨夜は14名の方にご参加いただいて、
人数も程よく、いいカンジに盛り上がりました☆


ちょうど1時間くらい経過したところで第2部へ。

第42回東北ビジネス未来塾

第42回東北ビジネス未来塾

第42回東北ビジネス未来塾

今回のスピーカーは、りらく編集長の田中志津さん。
テーマは、「ビジネス編集力」。
かなり興味深いテーマです。

田中さんのご経歴からスタートしたのですが
こちらがなんとも、想像しなかったキャリアを経て
りらく編集長をされていたことにまず驚きましたね。

臨床検査技師→病院秘書がスタートとのことで
ここら辺の話だけでも聞きどころ満載でした☆

そして、「りらく」が8年前に現在の体制に移行し
そこから、まずは多くの人に見てもらうと、
「定期購読」を切り口にして、銀行や病院などの
待ち合いのある場所に置いてもらうための作戦と
その具体的な実行ストーリーも痛快でしたね~。

第42回東北ビジネス未来塾

さらには、本題の「ビジネス編集力」に入っていきますが
「人間情報誌」としての「りらく」の編集コンセプトについてや、
また、「りらく」がただ発行して終わりの雑誌メディアではなく、
どういう風にビジネスを展開しているかをお話いただきました。

どこまで書いていいのかなぁというのもあるので
具体な話は参加者の特権ということでヒミツにしておきますが、
まさに「ビジネス編集」として、雑誌社としても、
記事の中に登場した人・会社としても、広告主としても、
ビジネスメリットや価値を生み出すための手法やコツが
よく分かりました。

雑誌として目に見える部分以外の奥深いところが知れて
実践的なヒント満載で、大変参考になりましたね。
田中さん、良いお話どうもありがとうございました!

第42回東北ビジネス未来塾
※帰りがけに早速、りらくを購入!(笑)


ということで、来月の東北ビジネス未来塾は
第4月曜の5月27日(月)の開催となっています。
どんなスピーカーなのか、楽しみにしていてください☆






 あなたへのお薦め記事

Posted by やまだ@宮城 at 06:53│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

アクセスカウンタ
プロフィール
やまだ@宮城
やまだ@宮城
宮城をこよなく愛する35歳です。

◆生まれてからずっと仙台で20数年間育った後、
2年間の気仙沼暮らし、1年間の東京・松戸暮らしを経て、
2008年4月より3年振りに仙台に戻ってきました!

◆08年から3年間、宮城の「食」に関わる仕事を経験し、
13年11月からは、女川町(派遣)で働くことになりました。

◆宮城の人(特に自分 ^^)が、宮城をもっともっと楽しめるように
宮城の魅力を自由に楽しく!発信・発見していけたらよいなと
思っておりますっ。

◆初めての方も、今までご縁の会った方も
どうぞ引き続きよろしくお願いします!!
QRコード
QRCODE
インフォメーション
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 9人
オーナーへメッセージ
削除
第42回東北ビジネス未来塾
    コメント(0)