2013年04月02日

第18回若者語り場「よるカフェ」


昨夜はファイブブリッジのビジネスマンデーでした。
第1月曜は「若者語り場・よるカフェ」。

ワカツクの坂上くんがコーディネータとなり、
宮城で様々な活動をしている若者(大学生・社会人)を中心に
組織の垣根を越えて語り合うカフェ空間を創出しよう、という
趣旨で開催しています。

※よるカフェは↓なカンジです(2月開催の様子)
 http://yamada.da-te.jp/e539498.html


昨夜は7名の方にご参加いただきました。

第18回若者語り場「よるカフェ」

スピーカーは、東北大学経済学部4年の森田修平さん。

ビジネスサークル「ネクストバッターズサークル」を
立ち上げて活動したり、自らの資本を元手に
輸入ビジネスするなどをしてきた彼が現在考えている
2つのプランをプレゼンし、それについてディスカッション。

第18回若者語り場「よるカフェ」

ひとつは、着ぐるみ就活。

現時点では、就職ではなく起業を考えているものの、
就活に対して何かアクションをしたい、
ただ、とはいえ、どうしても行きたい好きな会社もないし
嘘をついて無理に志望動機を造ることもしたくない。

であれば、そんな中でまず自分ができることは
その会社の商品の着ぐるみを自主制作して面接に臨み、
ここまではやったので、ぜひお話をさせてもらえませんか?
というアクションを起こすこと。

そうすれば内定という結果が得られなかったとしても、
何か事が起きるのではないか。

そんな過程や結果の検証を、
「○○社に着ぐるみを着て行ったら、○○になった」として
いまの就職活動に対する問題提起とともに
ソーシャルメディアに発信していきたいという、
そんな内容でした。


もう一つは、学生起業ブームを起こしたい。

自らビジネスをやってみたことで、
見える世界や会える人が全然違うことを実感し
そういう大学生の起業へのハードルを下げて、
日本にたくさんの挑戦者を生み出していきたい、
というそんな内容でした。

※以上は僕の理解なので、本人の意図とは
 少し違ってるかもしれませんので悪しからず。


そういうプレゼンに対して、参加者からは
色んな観点から意見が出て活発なやりとりが
できたのでけっこう楽しい場になりましたね。

森田くん自身は話も上手で優秀な学生さんですが
自分がやりたいこと、またそれをなぜやりたいのか、
をシンプルに伝えることのむずかしさを改めて
実感したのが特に良い経験になったようです。

一軒、突飛と思えることでも口だけでなく、
まずは自分で行動に移せるそういう長所を
持っている非常におもしろい学生さんだったので、
ぜひまた途中経過を話に来てほしいですね☆


そんなカンジで開催している「よるカフェ」は
来月は5月6日(月)となりますので
興味ある方はぜひお気軽にご参加くださいね!





 あなたへのお薦め記事

Posted by やまだ@宮城 at 06:47│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

アクセスカウンタ
プロフィール
やまだ@宮城
やまだ@宮城
宮城をこよなく愛する35歳です。

◆生まれてからずっと仙台で20数年間育った後、
2年間の気仙沼暮らし、1年間の東京・松戸暮らしを経て、
2008年4月より3年振りに仙台に戻ってきました!

◆08年から3年間、宮城の「食」に関わる仕事を経験し、
13年11月からは、女川町(派遣)で働くことになりました。

◆宮城の人(特に自分 ^^)が、宮城をもっともっと楽しめるように
宮城の魅力を自由に楽しく!発信・発見していけたらよいなと
思っておりますっ。

◆初めての方も、今までご縁の会った方も
どうぞ引き続きよろしくお願いします!!
QRコード
QRCODE
インフォメーション
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
オーナーへメッセージ
削除
第18回若者語り場「よるカフェ」
    コメント(0)