2009年11月09日

「しん」で、「独楽蔵」酒の会


先週金曜日に「しん」で酒の会があり、参加してきました!

「☆酒味旬楽会☆」
(佳き酒を味わいながら、旬の味覚を楽しむ会♪)
http://blogs.yahoo.co.jp/shin_shin728/31210063.html

今回は、福岡・筑後地方の酒蔵「杜の蔵(代表銘柄:独楽蔵」
の溝口さんにわざわざお越しいただいての会でした。

◎杜の蔵
 http://www.morinokura.co.jp/


ちなみに、しんさんでの酒の会は、いつも上杉の
池田酒店さんがコーディネートをされています。

◎池田酒店・店主のブログ(酒坊主日記)
 http://ikesake.blog91.fc2.com/


さて、では会の中身に入っていきます。

お店に入って受付をしたら、さっそくおもしろい試みが!



杜の蔵さんのお酒を使ったクイズです。

まず常温のお酒を飲み、それを燗酒にしたものは?
ということで、3種類の燗酒を飲んでどれか当てます。
(クイズの結果は後で発表)

あまりこういう飲み方・比べ方をしたことはなかったので
非常に難しかったですねー。
でも、同じお酒なのにこれだけ味わいが変わるんだなぁ、
ということがよく分かりました。


さて、ではお席について、まず一杯目。



ウェルカムドリンクとして、大手門の純米吟醸ひやおろし。
そのままで、クイクイと飲める美味しいお酒でした。
(ちなみに、隣にあるのは、杜の蔵さんの仕込水です☆)


全員が揃ったところで、杜の蔵の溝口さんによる乾杯♪



軽快なトークに、時々、笑いを交えてお話いただける
楽しい方でしたね!お酒に対する愛情をすごく感じました。

今回は、平杯とグラスと両方が用意してあり、
基本は平杯で飲みながら、グラスでもその味わいの違い
を試してみてほしい、ということでした。

ちなみに、今回の酒の会のお酒の方の説明については
女利酒師・おっかぁが近日中にブログにレポしてくれると
思いますので、ぜひそちちをご覧ください(^^; 
http://blog.kahoku.co.jp/shokuweb/okkaa/
(僕は料理を中心にご紹介します。。。)


その溝口さんが用意したお酒に料理を合わせるのは、、



「しん」の店主、根本真さん!
どんな料理を出してくれるのか、いつも楽しみです☆


席のテーブルには、お品書きが用意してありました。



いやぁ、いつもながら、ここまで出すの?!という
くらいの大盤振る舞いのコース料理になりそうな予感。。。


さぁ、一品目は、こちら!!



岩出山トマトと蔵王大根のおでん。
ヤーコンのサラダを添えて。。。

僕は食べるのは2回目でしたが、やっぱり旨い!
トマトの酸味が利いたおでんのダシが最高です☆


2品目は、



ねっとり里芋の煮っころがしに、
秋茄子のオランダ煮と赤葱の焼き浸し。

里芋は、ゆずの風味が利いています。
古川の赤葱も甘みがあって美味しいっ。


お次は、お造り。



金華サバ〆と、生めかじき。

サバは食べる時間に合わせて絶妙に
ほんのりと〆てます。最高。。。(><)。


続いては、しんさんの秋の定番!



さんま黄金煮。

毎年つぎたす煮汁がこってり濃厚で、
これは何度食べても食べあきませんね☆



段々と佳境に入っていきます。



とうふ入りの一口さつま揚げで口直しして、、、


出ました!三陸の殻付き牡蠣です。デカイ!



なんと、牡蠣の下には、しゅうり貝も入ってます。
これは杜の蔵のお酒で蒸しています。
素材そのままの良さを味わえますね~。


後半の方は、杜の蔵さんのお酒も熟成・古酒に。



色合いも全然違いますよね。
しかも、古酒も2種類用意してもらっていたので
その違いも飲み比べられました。


そして、お料理も〆に、



河北町のせりを使ったせり雑炊!

しかも、最初のおでんの出汁をダシに使っています☆
う~ん、、、幸せな美味しさですね(*^^*)


これに添えるお漬物も



これがまた、これだけで旨いんだな~。
ついつい、雑炊が出てくる前にパクパクと、、、(^^;


最後のデザートは、



氷結熟成柿と無花果旨煮、山葡萄ゼリーです。
いやぁ、ここまで食べれば、もう大満足。

以上。すべてのお料理に違う銘柄の日本酒が
それぞれ付くわけですから、飲んだ量もたくさん。(^^;

基本、お燗を中心にラインナップされていましたが
同じ酒蔵でこれだけ味が違うのかと勉強になりました。


また、途中で行われたクイズの結果発表では、
なんと偶然にも正解しまして、



杜の蔵さんの酒粕でつくったドレッシングをゲット!
しんさんでも以前使ってましたが、これ美味しいんですよね。
ラッキー☆


以上。これだけ飲み食いして6000円ですから、
毎度本当に良いの?と心配するくらいの酒の会でした(^^

そんな美味しいお酒とそれにあわせたお料理が楽しめる
「しん」さんにぜひ一度行ってみてください。



◎しん店主のブログ
 http://blogs.yahoo.co.jp/shin_shin728

◎「しん」の過去記事
 http://yamada.da-te.jp/tag%E3%81%97%E3%82%93

◎河北ウィークリーへの掲載記事
 http://www.kahoku.co.jp/weekly/yokocho/091022.html





Posted by やまだ@宮城 at 06:28│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

アクセスカウンタ
プロフィール
やまだ@宮城
やまだ@宮城
宮城をこよなく愛する35歳です。

◆生まれてからずっと仙台で20数年間育った後、
2年間の気仙沼暮らし、1年間の東京・松戸暮らしを経て、
2008年4月より3年振りに仙台に戻ってきました!

◆08年から3年間、宮城の「食」に関わる仕事を経験し、
13年11月からは、女川町(派遣)で働くことになりました。

◆宮城の人(特に自分 ^^)が、宮城をもっともっと楽しめるように
宮城の魅力を自由に楽しく!発信・発見していけたらよいなと
思っておりますっ。

◆初めての方も、今までご縁の会った方も
どうぞ引き続きよろしくお願いします!!
QRコード
QRCODE
インフォメーション
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 9人
オーナーへメッセージ
削除
「しん」で、「独楽蔵」酒の会
    コメント(0)