2015年06月09日

熊谷達也さんの新刊が出ました!


気楽会ブログとFacebookでも紹介したのですが、
オススメなのでやっぱりここでも紹介しちゃいます!

仙台在住の直木賞作家・熊谷達也さんの新刊
「ティーンズ・エッジ・ロックンロール」が先週4日に
発売開始になったので、さっそく購入(&読了)しました!

熊谷達也さんの新刊が出ました!

※書籍情報はこちらを参考ください⇒amazonリンク

達也先生は、気仙沼市をモデルにした架空の町
「仙河海市」を舞台にしたシリーズを複数展開していて、
書籍化されるのは、本作で3冊目となります!
(1冊目が「リアスの子」で、2冊目が「微睡の海」)

今回の舞台は2010年、地元でバンド活動を行う高校生が主人公。
地元にこれまでなかったライブハウスを創ろうと奔走する中、
地域の大人たちとつながり、その協力を得ながら実現に向けて
動き出す様子が描かれた青春小説です(高校生らしい恋愛もあり)。

小川菓子店の2Fにある「珈琲山荘おがわ」や
地元の若者グループ「楽仙会」が出てきたり、
錨珈琲の小野寺靖行さん、磯浜水産の遠藤遼司さんといった、
なぜか馴染みのあるキャラクターも登場(笑)。

人物描写がとてもリアルで、あぁ、やっちさんだったら、
そういうこと言いそうだなぁと思いながら読んじゃいました(^^

個人的には魚市場前にあったアンカーコーヒープレミアム店を
リアルに思い出させてくれるシーンも多く、懐かしくもグッときました。

そんな要素に加え、地域の中にないものを創る、
自分たち発で地域におもしろいことを創る、ってこういうことだよね、
というところもメインテーマで描かれていて、そういう点の学びもあり
1冊で3度くらいおいしく読める小説でした。

超オススメしますので、ぜひ読んでみてください!!






 あなたへのお薦め記事

Posted by やまだ@宮城 at 06:36│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

アクセスカウンタ
プロフィール
やまだ@宮城
やまだ@宮城
宮城をこよなく愛する35歳です。

◆生まれてからずっと仙台で20数年間育った後、
2年間の気仙沼暮らし、1年間の東京・松戸暮らしを経て、
2008年4月より3年振りに仙台に戻ってきました!

◆08年から3年間、宮城の「食」に関わる仕事を経験し、
13年11月からは、女川町(派遣)で働くことになりました。

◆宮城の人(特に自分 ^^)が、宮城をもっともっと楽しめるように
宮城の魅力を自由に楽しく!発信・発見していけたらよいなと
思っておりますっ。

◆初めての方も、今までご縁の会った方も
どうぞ引き続きよろしくお願いします!!
QRコード
QRCODE
インフォメーション
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 9人
オーナーへメッセージ
削除
熊谷達也さんの新刊が出ました!
    コメント(0)