2015年09月04日

女川創業きっかけプログラム説明会


一昨日は、女川創業きっかけプログラムの
2回目の説明会が東京で開催されました。

今回もイノベーション東北さんのサポートのもと、
六本木ヒルズのGoogleさんの会議室を
活用させていただくことができました。(感謝!)



様々な動機・つながりの中で、
9名の方にご参加いただき、19時半からスタート。


冒頭はイノベーション東北の責任者である
Googleの松岡ともみんから、
イノベーション東北の意義・役割と
女川をサポートしてきた経緯についてプレゼン。



サポーターとして参加することもできますよー、
ということでステキに導入いただきました♪

◎イノベーション東北
 https://www.innovationtohoku.com/
 (女川以外にもたくさんのチャレンジがあります)


そして、創業きっかけプログラムを実施する、
アスヘノキボウの小松さんからのプレゼン。





そもそも、女川ってどんな町で、
どういう風にまちづくりが進んできたのか、
どんな人たちがまちづくりを担っているのか、

さらにその中で、創業きっかけプログラムは
どんな内容で、どういうことが得られるのか、
などを相変わらずの切れ切れトークで説明。


イノベーション東北のサポーターとして、
一緒に創業支援プログラムづくりに取り組み、
今回も多大にお手伝いただいていて、
しかも、7月にお試し移住もしていただいた
青柳さんから滞在してみての感想などをコメント。





参加者に近いサポーター目線で、
女川の良さや可能性を語っていただける、
というのがなんとも心強くありがたい。。。


説明&質疑応答のあとは、そのまま懇親会へ。



缶ビール片手に、それぞれの自己紹介や
今回の説明会に参加したきっかけについて
参加者全員で共有させていただきました。

それぞれ様々な想い・つながりの中で、
この場に来ていただいているということが分かり、
なんかすごいグッと来てしまいました。

しかも、女川とのつながりを掘り下げていくと、
その場だけでも、実は様々なひとたちが
多層につながっていることもわかって、
こういうところが地域で活動する楽しさだなと実感。


そんな熱度の高い、女川ウィルス蔓延のなか、
予定時間を30分もオーバーして終了。
(実際に参加しますという声もいただきました!)

女川の創業きっかけプログラムは、
現地集合で行う2日間の短期集中プログラムで、
9~11月まで、計3回実施します。

1回目は、9月26日(土)~27日(日)の2日間で
開催されますので興味ある、という方は、
ぜひご参加を検討ください!!
(※25日夜に現地入りいただく必要があります)

募集詳細は、今日明日くらいに、
女川フューチャーセンター「Camass」のサイト内に
アップされると思いますので、要チェック!
http://www.onagawa-future.jp/







Posted by やまだ@宮城 at 06:20│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

アクセスカウンタ
プロフィール
やまだ@宮城
やまだ@宮城
宮城をこよなく愛する35歳です。

◆生まれてからずっと仙台で20数年間育った後、
2年間の気仙沼暮らし、1年間の東京・松戸暮らしを経て、
2008年4月より3年振りに仙台に戻ってきました!

◆08年から3年間、宮城の「食」に関わる仕事を経験し、
13年11月からは、女川町(派遣)で働くことになりました。

◆宮城の人(特に自分 ^^)が、宮城をもっともっと楽しめるように
宮城の魅力を自由に楽しく!発信・発見していけたらよいなと
思っておりますっ。

◆初めての方も、今までご縁の会った方も
どうぞ引き続きよろしくお願いします!!
QRコード
QRCODE
インフォメーション
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 9人
オーナーへメッセージ
削除
女川創業きっかけプログラム説明会
    コメント(0)