2018年02月23日

じんわりと嬉しい夜


昨夜、ふらっとガル屋に入ってきたのは
名古屋から卒業旅行で来た女子大生2人。

山形蔵王、平泉と回っての女川宿泊。
そして明日は松島に寄って帰るとのこと。

「えっ、その流れでなんで女川なの!?」
と聞いてみたら、いろいろ行き先を探してて
トレーラーハウスのホテルが可愛かったから
という理由で決めたとのこと。

震災復興と全く関係なく、女川にピンときて、
そして東北の有名観光地に割り込んでの女川。

そういう選択がされるようになったのが
なんとも言えず、じんわりと嬉しかったなぁ。

ちなみに夜は、それもネットで調べて
ホヤキソバを食べにOWLに寄ったら、
閉まってたのでガル屋に来たそうで。

そのおかげで話ができたわけなので、
そういう偶然的な出会いもまた女川らしい。

結果、OWLさんが遅くに開くことも伝え、
お店までご案内することができて
「女川の夜」も「明彦」も味わってもらえた♪

4月から名古屋・大阪で社会人とのことですが
また女川に遊びに来てほしいですね。



↑そういう話をしてたらガル屋に入ってきた
エルファロの田中支配人w

そういうことが起きるのが女川なんだよな(^^


それから、もう一つ嬉しかったのが、
女川のシンボル空間のコンセプトである
「口説ける水辺」というワードが
女子大生にすごくヒットしてたこと。

「口説ける」というのは完全に男目線だから
女子受けしないのではと密かに思ってましたが
ちゃんと今時の女子にも響いてたから
間違いなかったんだと安心しましたw






Posted by やまだ@宮城 at 08:00│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

アクセスカウンタ
プロフィール
やまだ@宮城
やまだ@宮城
宮城をこよなく愛する35歳です。

◆生まれてからずっと仙台で20数年間育った後、
2年間の気仙沼暮らし、1年間の東京・松戸暮らしを経て、
2008年4月より3年振りに仙台に戻ってきました!

◆08年から3年間、宮城の「食」に関わる仕事を経験し、
13年11月からは、女川町(派遣)で働くことになりました。

◆宮城の人(特に自分 ^^)が、宮城をもっともっと楽しめるように
宮城の魅力を自由に楽しく!発信・発見していけたらよいなと
思っておりますっ。

◆初めての方も、今までご縁の会った方も
どうぞ引き続きよろしくお願いします!!
QRコード
QRCODE
インフォメーション
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 9人
オーナーへメッセージ
削除
じんわりと嬉しい夜
    コメント(0)