2010年12月11日

しんさんと行く、旧河北町の「冬せり」


新婚旅行の飛行機が飛ぶか飛ばないか、
という昨日の午前中は、旧河北町に行ってきました。

今年の春に、同じ河北町の春せりを見てましたが
冬のせりはまだ見てなかったんですよね。

◎しんさんと行く、旧河北町の「春せり」
 http://yamada.da-te.jp/e326347.html


春に見たところと、同じせり田です。
田んぼに水を張っているのが春との違いですね。

また、春せりは在来種(飯井野川系)のせりでしたが、
冬せりは、島根みどりという品種の違いがあります。





もう12月の繁忙期なので、生産者の方々が
忙しくせりを収穫されていました。

この作業が本当に大変ですよね。
いくらウェットスーツを着ているとはいえ、
寒い水の中、しかも、腰を落としての作業ですから
体にはキツイはずです。
(時には、夜中まで収穫作業をされるそうです)


こうやって収穫したせりの束。
ドロがついているので、まずは水で洗い流します。




作業を感心した様子で見つめる、しんさん。



左は前回に続き、案内していただいた伊藤さんです。
せりのプロフェッショナルですね☆


↓は、独自に制作した洗浄器だそうです。



でも、これで終わりではないんです。


次は洗ったせりの調整作業です。

色が悪い葉などを手作業で取り除いていきます。
本当に素早く選別していきます。これはもう職人芸ですね。





キレイに揃えられたのが、こちら。
これをさらに先ほどの洗浄機で洗って終了。



見事は緑色ですよね!!
まさかこれだけ手間をかけて出荷しているとは
実際に見てみるまでは分かりませんでしたね。

僕たちが当たり前のように食べているせりも
農家さんのこれだけの苦労があって店頭や食卓に
並んでいるんですね。

せりを食べるときには、これまで以上に
ありがたみを持って食べなければと思いました。


また、ぜひ来年は3月くらいに、
冬せり(根せり)と春せり(葉せり)を食べ比べるような
機会が作れたらいいなと思いました(^^
(しんさん、よろしくお願いしますね☆)





Posted by やまだ@宮城 at 21:38│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

アクセスカウンタ
プロフィール
やまだ@宮城
やまだ@宮城
宮城をこよなく愛する35歳です。

◆生まれてからずっと仙台で20数年間育った後、
2年間の気仙沼暮らし、1年間の東京・松戸暮らしを経て、
2008年4月より3年振りに仙台に戻ってきました!

◆08年から3年間、宮城の「食」に関わる仕事を経験し、
13年11月からは、女川町(派遣)で働くことになりました。

◆宮城の人(特に自分 ^^)が、宮城をもっともっと楽しめるように
宮城の魅力を自由に楽しく!発信・発見していけたらよいなと
思っておりますっ。

◆初めての方も、今までご縁の会った方も
どうぞ引き続きよろしくお願いします!!
QRコード
QRCODE
インフォメーション
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 9人
オーナーへメッセージ
削除
しんさんと行く、旧河北町の「冬せり」
    コメント(0)