2010年04月19日

小瀬菜大根、再び?!


昨日は、大河内さん、しんさんと
加美町(旧小野田町)に行ってきました。

そう!目的は、「小瀬菜大根」です!

小瀬菜大根とは、旧小野田町の限られた地区のみで
栽培されている伝統野菜なんです。


昨年末にこの小瀬菜大根を栽培する農家が少なく
種が絶やされる恐れがある、というニュースを見て
大河内さんと2人で小瀬菜大根の生産農家である
早坂さんを訪ねてきたのでした。

◎過去記事(小瀬菜大根を見てきました)
 http://yamada.da-te.jp/e263016.html


さらに、その小瀬菜大根をしんさんに持ち込み、
料理人として調理・評価してもらったところ、、、

◎過去記事(「しん」で、小瀬菜大根!)
 http://yamada.da-te.jp/e263443.html

思っていた以上に美味しく、伝統野菜というだけでなく、
食材としての可能性が十分高いことが分かりました。


そしたら、生産者・早坂さんとお話する中で、
「じゃぁ、土地を貸すから作ってみたらいっちゃ」という
ありがたい提案を受けたので、今年の秋から冬にかけて
小瀬菜大根生産にチャレンジすることになったのです☆


と、前振りが長くなりましたが、
昨日は、今年お世話になるにあたり、再度早坂さんに
お願いしつつ、色々と話を詰めるのが目的でした。

ところが!

加美町に着いて、さぁ、これから向かおう!というところで
急遽、早坂さんのご都合が悪くなったことが判明。。。(><)

残念ながら、今回は空振りに終わったのでした(^^;
(まぁ、基本的に了解をもらってるので、いいんですけどね)


ということで、そのまま帰るのもなんなので
気持ちを切り替え、加美町の土産センターへ向かいました。







さすが、山菜やキノコ類の種類が豊富でしたね。
ついつい色々買っちゃいました。


しんさんも、



お店で使う食材を物色中してましたね。。。(^^


その中でよくよく見てみると、
なんと塩蔵にした小瀬菜大根を発見っ!!





基本的に地元ではこのようにして
保存食として食べられてきたものなので
時期外れでも店頭に並んでるんですね。

とはいえ、その値段は250円。。。安いなぁ。


昔ながらの食べ方はそれはそれで大事にしつつ、
食材としての新しい可能性も引き出していけたら
いいなぁと思いますね。
(って、いっても僕が引き出すわけじゃないですが ^^;)

いずれ、今年の11~12月くらいには
小瀬菜大根を食べる機会をつくれると思いますので
どうぞ楽しみにしていてくださいね~☆


  


Posted by やまだ@宮城 at 06:24Comments(0)
アクセスカウンタ
プロフィール
やまだ@宮城
やまだ@宮城
宮城をこよなく愛する35歳です。

◆生まれてからずっと仙台で20数年間育った後、
2年間の気仙沼暮らし、1年間の東京・松戸暮らしを経て、
2008年4月より3年振りに仙台に戻ってきました!

◆08年から3年間、宮城の「食」に関わる仕事を経験し、
13年11月からは、女川町(派遣)で働くことになりました。

◆宮城の人(特に自分 ^^)が、宮城をもっともっと楽しめるように
宮城の魅力を自由に楽しく!発信・発見していけたらよいなと
思っておりますっ。

◆初めての方も、今までご縁の会った方も
どうぞ引き続きよろしくお願いします!!
QRコード
QRCODE
インフォメーション
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 9人
オーナーへメッセージ